« 桃色寿司 | トップページ | 刺激ほしい茶 »

2006年3月 3日 (金)

飯尾醸造のお酢

Photo_46  野村友里さんのお料理教室ではじめて知った
 飯尾醸造のお酢。
 ほんとすっごくおいしくてびっくりしました。
 今回たくさんのお酢をご紹介してくださった
 飯尾醸造飯尾淳子さんは、
 はんなりとした京美人です。
 毎日お酢を飲んでいらっしゃるせいか、
 すっごくお肌がきれい! 
 彼女をみたら、
絶対、「今日から私もお酢飲もう!」って誰もが思うはず! 
今は、東京で自社の商品の営業活動をしているそうです。
彼女には双子のお兄様がいらっしるそうで、彼が五代目を継ぐそうです。
彼のブログもなかなかおもしろいですよ。

さて、桃色寿司に使った紅芋酢は、そのまま飲んでも体にとってもいいそうです。
ホントお芋の香りがするお酢なんです。
色がとってもきれいなので、他にもいろいろ料理に応用がききそうです。
桃色寿司には、この紅芋酢と富士すし酢を3:2の割合の合わせ酢にして
使いました。

今回、淳子さんに実にたくさんの種類のお酢をご紹介していただきましたが、
なかでも、一押しは、幻のお酢とよばれている林檎酢! 
この貴重なお酢を試飲いたしましたが、
いままでこんなおいしいお酢飲んだことないというくらいとてもおいしかったです。
残念ながらこのお酢は今年の販売はすでに終了してしまったそうで、
お酢の醸造には約1年かかるので、
次回、入手するには1年待たなければいけないとのこと。
しかも、あまりの人気にこれだけは、ネットでも販売していないそうで、
京都の本社までいかないと手に入らないまさに幻の商品です。

野村友里さんの一押しは、ゆずぽん酢だそうです。
淳子さんに他におすすめを伺ったところ、
彼女は紅芋酢と黒豆酢をおすすめして下さいました。
両方ともそのまま飲めるお酢だそうです。

飯尾醸造のお酢はすべてお米から自分たちで作っていて、
ラベルにいたるまですべて手作り。
ラベルの題字は淳子さんのお母様が書いているそうです。
飯尾醸造のお酢は、インターネットで購入できますが、
都内では、新宿の伊勢丹日本橋の高島屋で購入できます。

|

« 桃色寿司 | トップページ | 刺激ほしい茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47986/908382

この記事へのトラックバック一覧です: 飯尾醸造のお酢:

« 桃色寿司 | トップページ | 刺激ほしい茶 »