« シニアのお出かけ 前編 | トップページ | 秘境の会 <お花見編> »

2006年4月 1日 (土)

シニアのお出かけ 後編

日本橋から地下鉄にのり、恵比寿へ。
母とふたり、両親の古い友人のHさん宅をおじゃますることにしました。
もうすでに父が先におじゃましており、
イームズのラウンジチェアにだらしなく座っておりました。
勝手しったるH家です。Hさんは実は私の名づけ親なんです。

01_4 私のインテリアのセンスのベースはHさん宅で
 育まれたといっても過言でもありません。
 とにかく、Hさんの暮らしぶりはすてきなんです。
 家具マニアがみたら、
 卒倒しそうな名作と呼ばれる椅子が
 さりげなく家にあふれています。
 これらの家具は私が物心ついた頃からずっとあって、
今もかわらず、年月がたった分だけ味もでて、ますますすてきになっていました。
そして、趣味人のHさんは、拾いものの天才でもあります! 
持って生まれたセンスというか、モノに対する審美眼がすばらしいのです。
おうちにはおもしろいものがいっぱいあって興味津々。
そして奥様のつくるお料理が、またとっても洒落ていて、おいしいのです。
灯りはろうそくでお食事ですし、日常からしてもう違うんですよね。

02_5 楽しくいろいろな話をしているうちに、
なんとなく私の近況の話となり、
部屋にシマウマの毛皮があるという話になったら、
「えっ、だったらこれあげるよぉ~。」って、
奥から、亀の剥製をもってきて、
ぽ~んと私にプレゼントしてくださいました。
えっ?本当にいただいてしまって、よろしいのですか? 
めちゃめちゃうれしい! 
「いや~うちの息子達は誰もこういうのあげても喜ばないからね。
喜んでくれる人に譲った方がうれしいんだよ!」っていってくださって、
私、今日はほんと母についてきて、よかったと思いました。感涙!!!

03_3 そして、私が多肉マニアという話になったら、
 「え~、だったらいいものあげるよ!」って、
 またまた奥から、「雲南百薬草」という珍しい植物と、
 30年ものの金のなる木の株分けした鉢を
 下さいました。
 そう、Hさんは緑の指をもった
 植物マニアでもあるのです。
雲南百薬草という植物は食用できる植物で、
サラダ菜のような味がしますが、粘り気があって、なかなかおいしいのです。
Hさんのご友人がこっそり雲南から持ちかえった植物だそうで、
「日本では沖縄にしかないよ!」って。大事に育てます!

上階には、Hさんの次男のヤー君一家がお住まいなので、
せっかくだから、ヤー君のお宅にもおじゃますることにしました。
ヤー君もおやじのHさんに負けないくらい趣味人で、
H家の家具の中でも名作の家具はそのままヤー君のところに引き継がれています。
HさんのDNAをバッチリ受け継いだヤー君ちも、やっぱり超かっこいいインテリアです。
H家のかっこいい家で育ったわけですから、センスが磨かれないわけがありません。
久しぶりにH家訪問はとっても刺激になりました。

早速、うちにもどり、亀さんを部屋に飾ったら、
怖いくらい部屋にマッチしていました。
これを是非ともHさんにおみせしなくっちゃ! 
近日中にHさん、うちに招待しないと!

今日は一日シニアの休日を楽しみましたが、
たまにはこういうシニア的な遊び方もゆったりしていいもんですね。

|

« シニアのお出かけ 前編 | トップページ | 秘境の会 <お花見編> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47986/1243371

この記事へのトラックバック一覧です: シニアのお出かけ 後編:

« シニアのお出かけ 前編 | トップページ | 秘境の会 <お花見編> »