« TOKYO SWEETS FACTORY | トップページ | インド会ふたたび »

2008年4月14日 (月)

第3回お茶会 その2

第3回お茶会その1からのつづきです。

第3回を開催することになりました東京茶荘老板娘のお茶会!
今回もたくさんのお茶を楽しみました!
そして、いろいろとお茶菓子も盛りだくさんでした!

今回は、たまたま我が家にお菓子があふれていたこともあり、
また、皆様からも、差し入れを頂戴しまして、
とても食べきれないほどのお菓子の山でした!

1週間前の巣鴨探訪で仕入れてきたお菓子の数々。
 ★地蔵のりせんべい(具合の悪いところから、食べるといいそうです!)
 ★おみくじせんべい(おせんべいの中におみくじが!)
  ドライキウイ

実家からお裾分けのお菓子の数々。
  蜂の家まゆ最中他たくさん(自由が丘で手土産といえばここ!)
  チョコレートクッキー(横浜 青葉台 ラ・フィエゾン)
 ★SUQUEのお酢クッキー
  もなか(吉祥寺 小ざさ
 
私のお気に入り
 ★ロイズのポテトチップスチョコレート(これが止まらなくなる!) 
  辻利抹茶一口アイス第1回お茶会で好評でした!)
  いちご(生ものがほしかったので!)

おもたせでいただいたお菓子の数々
 ★がんこ職人のおかき(S老板より)
 ★江ノ電サブレ(AYAKA嬢より)
 ★ショコラティエ・エリカミントチョコ(YOGAの先生より)
 ★韓国のひまわりの種マーブルチョコ(Fさんより)
 ★やまぱんちゃん手作りのアップルパイ(いつもありがとうございます!)

秘境の会よりご提供
 ★きのこチップスカレー味(ジュンコさんのボルネオ土産)
  マンゴーグミ(ジュンコさんのボルネオ土産)
  そばボーロ(カンヨウさんの秩父土産。封をあけずインド会へ)

その他も、いろいろありまして、もうすごい量のお菓子でした。
香港茶荘老板のS老板曰く、
「中国では、お茶会でこんなにお菓子は食べませんよー」
お茶会ならぬお菓子会のような様相を呈していました。
★印は評判のよかった(インパクトのある?)お菓子です。
余ったお菓子はお土産で、皆様にお持ち帰りしていただきました。

さて、おまたせ致しました。
いよいよ肝心のお茶のご紹介です。

1.雀舌(貴州省の緑茶)
2.バンリュウオウ(広西チワン自治区の緑茶)
3.高山茶(台湾の青茶)
4.東方美人(台湾の青茶 和昌茶荘)
5.白牡丹(白茶)
6.プーアール茶(雲南省の黒茶、秘蔵の50年物!)
7.シルバーリーフティー(スリランカの紅茶)
8.最高級の鉄観音(青茶)

1と2と8は、S老板からのご提供です。
3の高山茶はWさんからのご提供です。
どうもごちそうさまでした。

2のお茶は日本では絶対手に入らない希少なお茶だそうです。
S老板は、広西チワン自治区の屯田兵から譲っていただき、
一般には流通していないそうです。
ちょっと、渋みのある緑茶でしたが、大変おいしいお茶でした。

最後に私たちが飲んだお茶は、普通の鉄観音ではありません!
このお茶は、S老板によると、
北京で50g7000円もするという最高級なお茶だそうです。
一同、50g7000円という価格にびっくり!
恐縮しながら、まずは香りを楽しみます。
違いはエコノミー鼻の私でも、これは違うとすぐわかるほど、
いい香りがします。
さて、あ味はというと、これまた味がさっぱりしていながらも、芳醇です。
いいお茶は何回煎じてもおいしいといいますが、、
皆様がお帰りになった後も、
ひとりで、出がらしを何度も飲みました。
それでも、いつまでも香り高く楽しむことができました。

2時からはじまって、6時までの4時間!
楽しい時間はあっという間でした。
ご参加いただいた13名の皆様、本当にどうもありがとうございました。

さて、次回は、5月に開催予定です。
今回、ご参加いただいた皆様もそうでない皆様も、
是非、よろしかったら、いらして下さいね~

|

« TOKYO SWEETS FACTORY | トップページ | インド会ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回お茶会 その2:

« TOKYO SWEETS FACTORY | トップページ | インド会ふたたび »