« モトロクの名刺入れ | トップページ | ラスチカス青山店 »

2008年5月 4日 (日)

東京散歩 <新宿編 その1>

もちまきっちんの大好評企画、
ちゃきちゃきの江戸っ子、O隊長(50代・♂・管理職)と歩く
東京散歩シリーズ、半年ぶりに結成です。

第1回神保町編(その1その2)が一昨年の4月、
第2回中野編(その1その2)が、去年の4月、
第3回両国編(その1その2)が、去年の11月。

そして、半年ぶりの第4回で、フィーチャーする街は…

新宿です!

普段もよく行く新宿ですけど、
さっすが! O隊長!
と思える濃ゆ~い新宿の街をお散歩隊は、今回探検しました!

えー、メンバーは、毎度おなじみ、
O隊長、やまぱんちゃん、KYOKOさん、そして、私。
以上4名のいつものお散歩隊メンバーに加え、
新たに、もうひとり新メンバーが加わりました!
英会話レッスン仲間としてもおなじみ
KEITAさんです!

以前、KEITAさんにお散歩隊の話をしたら、
「えー、なんでいままで誘ってくれなかったのー。」
と、ブーたれてしまわれたので。。。

ごめんよー KEITAさん!
第1回から、もともとKEITAさんもメンバーだったのに、
第1回にたまたま都合がつかず、欠席だったために、
第2回、第3回へのお誘いをすっかり忘れていたのでした。

というわけでー
先月は120時間以上も残業してお疲れ気味のKEITAさんも、お誘いして、
我らお散歩隊5名で、新宿の街を、歩こうじゃないですかっ!

えー まず、O隊長が案内してくださいましたのは、
ベトナム料理の店「フォン・ベト歌舞伎町店」です。

まずは、やっぱり、とりあえずでしょう!
とばかりに、下戸の私とNGのやまぱんちゃんをのぞいた3人は
そろって、ベトナムビールの333(バーバーバー)を注文!
NGチームは、蓮茶を注文!

カンパーイ! ぶはぁ~ んめー

Photoさっきまで、眉間にシワをよせ、
ぐったりと疲れた表情をしていたKEITAさんですが、
のCMのような超爽やかなKEITAスマイル炸裂です!

 生春巻きと333サイコー!

333チームは、いい感じに酔っぱらってきました。

ふふーんだ。蓮茶だって、ベトナム料理には合うんだぞ!
Photo_2とばかりに、蓮茶チームだって負けておりません。

 蓮茶とフォー、 サイコー!

コースを注文したので、次から次へとお料理が出てきます。
そして、どれも、本当に、んまい!

ベトナム料理は、どうしてこんなにおいしんでしょう!
そして、このメンバーで食べるから、さらに、んまい!

で、ここでKYOKOさんが、突然、こんなことを発言!

 KYOKO:  新宿に野良アライグマが出没するんですよっ!
 もちまき: えっ? アライグマって、ラスカル?
 KYOKO:  そー あのラスカルですよっ!
 もちまき: またまたー 都市伝説なんじゃないの?
 KYOKO:  ホントですってばっ! 信じて下さいよぉー(泣)

と、今にも、泣きださんばかりのKYOKOさんでした。

というわけでー
帰宅してから、KYOKOさんの言っていることが本当かどうか
確かめるべく、ネット検索してみたら、
あんれまー 本当にいるみたい。

http://gaku-blog.net/post480.html

KYOKOさん、ごめんよー
君が正しかったよ!
今度は一緒にアライグマを探しに新宿の街を歩こうね!

さて、お散歩隊の腹もすっかり満たされたので、
次なる目的地へ、レッツラゴー!

えー 次なる目的地へ行く前に、少々時間もあるようなので、
ぶらりと歌舞伎町の街をお散歩です。

歌舞伎町には、実にいろんな人たちがウロウロしています。
謎のビジュアル軍団(魔法使いみたいな扮装をした人たち)、
オカマちゃん、ホスト、風俗のキャッチ、ギャル、酔っ払い…
(あっ、たぶん、アライグマもいるよー!)
歌舞伎町を初めて歩くやまぱんちゃんは、オドオド。

「2時間500円だよ。」と、ホストの勧誘にも遭遇。
それにしても、2時間500円って、安すぎじゃないっすかっ?
怖くて、そんなところには、絶対行けません!

そんなふうに、ドギマギしながら、歩いていると、
O隊長が、ふと、あるお店の前で、立ち止まりました。

フルーツパーラー マルス

なんでしょう? ここ?
昭和で止まってしまったようなものすごーく古いお店。

Photo_3中へ入ると、そこは、別世界。
まず、私の目に最初に飛び込んできたのが、
ダルマストーブ!
こんなものがまだ実際使われているのをはじめてみました!
しかも、新宿歌舞伎町で!

昭和25年創業の天然生果汁ジュース専門店だそうです。
店には、マダムがひとり。

50年以上も変わらず、ここで営業しているそうです。
店内はフルーツの香りであふれていました!
そして、店内そのものが、骨とう品店のように古びて、いい感じ。
いまどき、こういう感じのお店に出会うことも、なかなかなくなってしまいました。

Photo_4メニューをみて、それぞれに注文すると、
なぜか、先ほどの、333チームは、アボガド。
蓮茶チームは、苺です。
ちなみにお値段は、なんと930円もします。
一番高いメロンは、1500円もします。

しばらくすると、マダムが、ジュースを持ってきました。
結構、ボリュームがあり、ちゃんと受け皿がついていますが、
ストローがありません。
実は、この店には、なにやら、いろいろ掟があるらしいのです。
店内には小さく張り紙が!
 「携帯電話禁止」
 「ジュースの回し飲みダメ」
 「ジュースの取り替えダメ 」
でも、この掟をつくったと思われる主は、
もしかして、お亡くなりになってしまったのかしら???
マダムはそんなにうるさくない感じです。

みんなでジュースを飲んだ後は、マダムと少しおしゃべりです。
マダムによると、通は、いろいろ飲むけど、
結局、最後にアボガドジュースに行きつくそうです。
最初、アボガドジュースを飲んで、
2回目で、もう一度、確認。
3回目でやみつきに
すでに、1回目からやみつきになってしまった
通の333チーム3人衆は、大絶賛でした。

でも、苺だって、負けないぞー!
のものなので、今いちばんオススメだそうです。
普通、苺ジュースというと、ミルクで割ったりするものですが、
ここのは、もう100%苺だけ! 本当においしかった!

ここのジュースのお値段が高い理由は、
とにかくこだわりがすごいからみたいです。
例えば、グレープフルーツなどは、普通はもったいないから、
10回くらいぎゅうぎゅうしぼったりするもんですが、
この店では、軽く2.3回絞って、あとは使わないそうです。
本当においしい部分だけを、ふわっとやさしく絞るのだそうです。
究極は、マスカット。一粒一粒、丁寧にガーゼにつつんで、
絞っていくそうです。

また、素材そのものにもこだわりが、あるみたいです。
あんまり見たことないフルーツが並んでいたので、
私が質問したところ、小夏だそうです。

その横にあるのは、パパイヤですが、
ドミニカ共和国から輸入したものだそうです。

さてと、そろそろ予約していたフラメンコの時間が近づいてきたので、
私たちはお店を失礼することにいたしました。
マダム、これからも、元気にお店続けて下さいね!
今度は、ダルマストーブの活躍する季節の冬に来てみたいです!

Photo_6ちょっとピンぼけになっちゃったけど、
57年間も看板娘やっているマダムを激写
おいしいジュースをどうもごちそうさまでした!

さて、お散歩隊は、次なる目的地、
エルフラメンコを目指します!
つづきは、その2で!

フォン・ベト歌舞伎町店
 東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 杉山ビル5F
 TEL:: 03-5155-4721
 11:00~14:30 17:00~23:00 無休
 
http://www.huongviet-k.jp/

フルーツパーラー マルス
 東京都 新宿区歌舞伎町2-35-3
 TEL: 03-3208-9768
 10:00 ~ 23:45 無休

|

« モトロクの名刺入れ | トップページ | ラスチカス青山店 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京散歩 <新宿編 その1>:

« モトロクの名刺入れ | トップページ | ラスチカス青山店 »