« テレビの手 | トップページ | 神楽坂劇場二人会 »

2012年7月 8日 (日)

高級エステ体験@カージュラジャ

雑誌エクラ
“高級エステティックサロン「カージュラジャ」の
 アンチエイジングケア「ピュアレチノールV」体験”
のプレゼントに当選しました!

カージュラジャは、
ケサランパサランアクセーヌカバーマーク
といった化粧品ブランドを展開する
ピアス株式会社が運営している
高級エステティックサロンです。

今回、私が体験した「ピュアレチノールV」は、
純度の高いレチノールを使った
アンチエイジングフェイシャルケアの決定版
だそうです。

本来は、4回集中トリートメントで行うと
より効果的なんだそうですが、
今回は、こちらのコースの初回トリートメントのみを
セルリアンタワー東急ホテル店にて
体験させていただきました。

今回体験させていただいたこのコース、
なっ、なんと、90分コースで、
ビジター料金、1回39,900円
もするんです!!!

ひゃ~、90分でこの価格ってことは、
相当な効果が期待できるってことですよね~?

そして、こ~んな高級エステに通っている方って、
いったいどんな方たちなのかしら?
って、そっちの方の興味も津々です!

ドッキドキしながら、お店の門をくぐりました!

ますは、ウェルカムドリンク
バラの香りのする薔薇香酢のサービスです。

薔薇香酢を飲みながら、
問診票のようなものと同意書を渡されて、
記入しました。

その後、バスローブにお着替え。
ロッカールームで他のお客様に遭遇。
自分より若い人しかいなかったのが、
ちょっと意外でした。
有閑マダム多しと思っていたのですが、
考えてみたら、有閑マダムは日曜日に
わざわざ来ませんね(笑)

90分間、顔だけなのかと思いきや、
顔をする前に、背中のマッサージがあったり、
顔にパックしている間に、足や頭を
マッサージしてくださいました。
いろいろやってくださるので、
90分は思っていたよりも長く感じました。

そして、とにかくエステティシャンの方、
施術している間、褒めまくりなんですよね~
お世辞とわかっていても、
やっぱり嬉しいもんですねぇ(笑)

途中、グリコール酸による
「深層ピーリング」をするのですが、
こういうお手入れって、
いままでしたことなかったので、
どんな感じがするのかドッキドキでした。

酸っぱい刺激がするのかな?
と思っていましたが、
目元まわりと、口元まわりは、
ちょっとピリリした刺激を感じましたが、
他は特に何も感じなかったし、
酸っぱい感じも匂いもしませんでした(笑)

施術の後は、ドリンクサービス。
ハーブティーとゴマのお菓子をいただきました。

お化粧直しは、さすが、
化粧品会社が運営しているだけあって、
店内の化粧品は使い放題!
私、普段はほぼすっぴん状態なのですが、
調子に乗って、いろいろ試してみちゃいました。

着替えて、終了です。
マネージャーさんとその後、雑談。
美容談義に花が咲きました!

今回の高級エステ体験、
とても丁寧なサービスに、大満足でした!
たまには、こ~んなエステ体験もいいもんですね~
雑誌エクラさん、カージュラジャさん、
本当にありがとうございました!

ビフォーアフターで、一応写真撮ったのですが、
その違い、正直よくわかりませんでした。

そして、今日でちょうど1週間たったわけですが、
その効果、いまだよくわかりません。

でも、これだけははっきり言えます!
顔が一回り小さくなったんです!
これは、自分でも本当にびっくりしました!
いや~ 顔マッサージ、プロの腕はすごいっす!

で、本題!
自腹で4万円払って行く価値があるか?
といったら、正直よくわからないです。
4回通ったら、劇的に変わるのかもしれませんが、
私の場合は、高級エステより、
4万円で、旅行に行って、リフレッシュした方が、
費用対効果は高いかな。

まっ、こういう価値観は人それぞれですから…。

★カージュラジャ
http://www.carjurajah.jp/

★ピュアレチノールV
http://www.carjurajah.jp/recommend/002.html

★雑誌エクラ
http://www.s-woman.net/eclat/

|

« テレビの手 | トップページ | 神楽坂劇場二人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47986/46227934

この記事へのトラックバック一覧です: 高級エステ体験@カージュラジャ:

« テレビの手 | トップページ | 神楽坂劇場二人会 »