« お花見2013@目黒川 | トップページ | 春のおさんぽ <霧島アートの森> »

2013年4月14日 (日)

春のおさんぽ <嘉例川駅>

今年も里帰りも兼ねて、
夫婦ふたりの春のおさんぽ旅行!

去年は指宿と知覧でしたが、
今年は霧島へ。
旅のプランは相棒におまかせです。

ちょうどその日は、
春の嵐が全国的に吹き荒れると
前日から予報されていたので、
飛行機が鹿児島まで飛ぶかどうか
非常に心配しましたが、
最寄駅に行ってみると、
まさかの山手線が運転見合わせ。

急遽タクシーでモノレールの駅へ。
なんとか無事羽田空港に到着。
飛行機も鹿児島まで飛ぶようです。

無事、羽田空港を離陸し、約90分で
鹿児島空港到着。
鹿児島の天気は曇天です。
雨じゃなくてよかった!

早速、私たちは路線バスに乗って、
嘉例川駅へ。
東京はもうすっかり葉桜になってしまいましたが、
駅のホームの向こうには、
まだ桜が咲いています!

Rimg3683

嘉例川駅は、JR九州肥薩線の駅で、
築後100年の木造駅舎の無人駅です。
鉄道マニアにはよく知られた駅とのことで、
それらしき方々が数名、駅の写真を撮っていました。

Rimg3684

駅舎では駅弁が売られていたので、
駅弁2個をGET!
後でわかったことなのですが、
この駅弁、とっても有名な駅弁なんですね。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1767

土日に嘉例川駅で数量限定で販売しているそうです。
おぉ! そんなことも知らずして、偶然にもGET!
なんてラッキーなんでしょう!

Rimg3713

写真右が、「百年の旅物語かれい川」弁当です。
2007年~2009年にかけて、
九州駅弁グランプリで3連覇
もしている
超有名な駅弁だそうです。

ご飯は、霧島市の棚田でとれた「ひのひかり」に
地元で原木栽培した「しいたけ」と筍の
炊き込みご飯。

おかずは、がね、千切り大根の煮物、みそ田楽、
スセ(酢の物)、嘉例川コロッケ。

写真左が、「花の待つ駅かれい川」弁当です。
2012きりしま!新・食のおみやげコンテスト
最優秀賞を受賞
した新作のお弁当だそうです。

ご飯は地元で取れた黒米と粟の炊き込みご飯。
新生姜の佃煮付き。

おかずは、がね、卵焼き、酢ごぼう、里の味、
鳥の煮付け、つけあげ、けせん団子。

特に、「がね」と「けせん団子」は、
鹿児島ならではの郷土料理です。

「がね」は、さつま芋と人参とニラと生姜の入った
天ぷらです。
鹿児島では蟹のことを「がね」と言うそうで、
形が蟹に似ていることから、
「がね」と呼ぶようになったそうです。

けせん団子は、シナモン(ニッキ)の葉で、
さつま芋と紫芋の団子をはさみあげた
鹿児島ならではのお菓子です。
鹿児島では、シナモン(ニッキ)のことを、
「けせん」と呼ぶそうです。

鹿児島の素朴な郷土料理を堪能しました!
ごちそうさまでした!

Rimg3714

さて、駅をパシャパシャと写真を撮っているうちに
電車がやってきました!

Rimg3693

さぁ! 電車に乗って、
栗野駅までの小トリップです!

空いている席に座り、ふと隣を見ると、
すごい鞄発見!

電車が駅に停車する度に、
この鞄の持ち主の方と私は競って、
写真を撮りあっていたのでした(笑)

Rimg3696

|

« お花見2013@目黒川 | トップページ | 春のおさんぽ <霧島アートの森> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47986/51211768

この記事へのトラックバック一覧です: 春のおさんぽ <嘉例川駅>:

« お花見2013@目黒川 | トップページ | 春のおさんぽ <霧島アートの森> »