« EGO-WRAPPIN'@さくらホール 2日目 | トップページ | 喫茶谷中ボッサ »

2013年6月16日 (日)

謝小曼 中国茶教室

台北の茶芸館「小慢」オーナーの
謝小曼さんによる中国茶の教室に参加しました。

小曼さんとの出会いは、
去年の春の烏龍茶会の茶席がきっかけでした。
また、小曼さんのいれたお茶が飲みたいなぁ。
と思っていたら、
深沢にある而今禾にて、
中国茶の教室があるというので、
即、申し込みました!

実は、4月も申し込んでいたのですが、
仕事で行けなくなっちゃって、
今回はまさに待望のお茶会でした!

今回は、限定6名様。
15日14時の会に参加しました。

1煎目。
2013春 阿里山自然生態茶

発酵度は20%と低いです。
上品な香りとやさしい甘みのある烏龍茶です。

お湯の温度は、沸騰したお湯で!
待ち時間は、15秒程でOK!

さっぱりとしていて夏向きのお茶です。

Rimg4614 Rimg4627

2煎目。
蜜香烏龍茶

このお茶は、
去年の春の烏龍茶会
小曼さんの茶席の時にも
いただきました!

華やかな蜜の香りとフルーティーな味に
特徴のあるお茶です。
ウンカという害虫に
茶葉を噛ませる独特の製法を用いて
作られた烏龍茶で、
どちらかというと紅茶に近い味がします。

小曼さんによると、今回の場合は、
お湯の温度は、90℃くらいで、
待ち時間は10秒くらいでOKとのことでした。

季節や茶席の人数によって、
お湯の温度と待ち時間は調節するそうですが、
それは経験を積めば、
だんだんとわかってくるそうです。

冷茶でもおいしくいただけるそうです。

Rimg4630 Rimg4635

ここで、スイーツブレイク。
ドライパイナップル。

見た目はいまいちですが、
あらっ! おいしい!

Rimg4637

白湯でお口直し。
白湯なのに、甘く感じました。

3煎目。
日月潭魚池紫芽紅茶

水出しの冷茶でいただきます。
5時間~6時間かけて水出しすると、
ちょうどいい塩梅になるそうです。

発酵度は100%の台湾の紅茶です。
とても香りが良いお茶でした。

Rimg4641

最後に、またスイーツブレイク。
ナツメとクルミのキャラメルのようなお菓子。

設えがまたおしゃれ~
骨董の金継ぎされた器に
茶色の薄紙でくるくるっと巻いてあります。
こういうちょっとしたセンスも抜群です!

お菓子食べたら、これがまたおいしい!
予想外のおいしさでした!
冷たい紅茶ともよく合います!

Rimg4644 Rimg4647

小曼さんのお茶会は設えがすごくステキなんです。
今回は、お茶道具も
台湾の作家さんの作品だったり、
日本人の作家さんの作品だったり、
アンティークだったりと、センスが抜群です!

小曼さんの所作がまた、
すごくエレガントで美しい!

Rimg4620 Rimg4633

茶室や店内に飾ってある生け花も
すごくステキです!
店内に飾ってあるお花は、
枯れ枝に朝顔が巻きついていて、
斜めに傾いた花器も雰囲気があって、
すごくステキ!
茶室に飾ってあった花器は
おそらく骨董の鐘かなんかで、
ちょこっと野花とフトイを1本挿しただけですが、
雰囲気が抜群ですね!

Rimg4611 Rimg4649

ちなみに今回のお茶会のお水は
韓国のミネラルウォーター
Mt Sokriを使用しているそうです。

私はいつも浄水した水道水でお茶をいれますが、
そっか~ ミネラルウォーターの方が
やっぱりいいんですね。

茶席の後、家でまた再現すべく、
お土産に、今回飲んだお茶とお菓子を
買って帰りました!

久々に本格中国茶会に参加して、
沸々と台湾への旅心が湧き上がってきました!
あー! もうこれは、近いうちに
台湾に行くしかない!!
小曼さんの茶芸館、絶対行くぞー!

それから、やっぱり
自分のお茶会が、無性にしたくなりました!
秋に向けて、開催の準備をすすめるぞー!

だいぶご無沙汰しちゃったから、
まずはお部屋の片づけしなきゃね!

★謝小曼さんの動画
http://www.youtube.com/watch?v=Mdwl-G5ptuA

★台北ナビの小慢の紹介記事
http://www.taipeinavi.com/food/483/

★Flauの小慢の紹介記事
http://frau-web.net/travel/Taiwan/tearoom/06.html

★謝小曼さんのブログ
http://www.wretch.cc/blog/hsiehxiaoman

★而今禾
http://www.jikonka.com/

|

« EGO-WRAPPIN'@さくらホール 2日目 | トップページ | 喫茶谷中ボッサ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謝小曼 中国茶教室:

« EGO-WRAPPIN'@さくらホール 2日目 | トップページ | 喫茶谷中ボッサ »