« フエルサブルータ | トップページ | パンダ型ポスト »

2014年6月23日 (月)

愛の唄を歌おう

すっごい報告遅くなってしまいましたが、
今年初のエンターテイメント鑑賞は、
ミュージカル“愛の唄を歌おう”。

脚本:鈴木おさむ
演出:宮本亜門
音楽:槙原敬之

そして、主演が私の大好きな
ぐっさんこと山口智充さん!
そして、Kis-My-Ft2の北山宏光さん!

ぐっさんファンの私としましては、
大方、ぐっさんファンがみにきているはず!

と、意気揚々と出かけてみたら、

あれれっ? なんか若い女の子ばっかり!
95%が女性です。

これって、もしかして、
8割がジャニーズファン???

ざっと見た感じ、
ジャニーズファン8割。
その他若手男性キャスト目当て1割。
普通に観劇好き1割。
って感じですかねぇ?
実は、純粋なぐっさんファンなんて、
ほとんどいないのかも?

とにかく女性ばっかりの観客でした。
トイレも急遽男性トイレもすべて、
臨時女子トイレに変わっていました(笑)

会場は、東急シアターオーブ
渋谷ヒカリエの11階にあり、
ガラス張りの建物から渋谷の街が一望できます。

まだオープンして1年ちょっとだから、
とってもキレイです。

ただ音響の方は、いまいち。
反響しすぎて、何言っているのか
よく聴き取れず。

座席が3階席のバルコニー席だったので、
上からだと、キャストの表情全く分からず。
コンサートだったらいいけど、
やっぱり舞台は表情がみたいから、
3階席はオススメじゃないですねぇ。

人気者が多数出演しているということもあって、
スケジュール多忙なキャストが
なるべく通しで練習しなくてもいいような
構成となっており、
メインキャストはたくさんいても、
絡みは割と少なくて、
その他大勢のキャスト達が盛り上げて、
ごまかしているといった印象がしました。

ぐっさんはさすが芸達者さんです!
北山くんは、一応W主演と銘打っているけど、
これはやっぱりぐっさんが主役の舞台だと思いました。
後半に北山くんの山場を持ってきたことで、
一応、ジャニーズに
気を使ったのかもしれませんが…
こんなことをいったら、
ジャニーズファンの方にすごく怒られそう…。
ごめんなさい。。。

さすがだなぁと思ったのは、
やはり宝塚出身、野々すず香さんと
ケミストリーの川畑要さん。

すず香さんは、
一番セリフや歌詞が聴き取りやすかったです。
やっぱり舞台出身の人はさすがです!

上からみていると、川畑さんだと最後まで
気がつかず、あの抜群に歌のうまい人は誰?
と、あとで、パンフレットをみて確認したら、
川畑さんだったというわけで…。
いや~ やっぱりケミストリーは歌うまっ!

舞台は、
プロジェクションマッピングを使った演出もあったり、
ぐっさんと小錦という出演者の中で、
体重がありそうなNo.1とNo.2が宙吊りになるという
演出があったり、なかなかお金かけています!

やっぱり舞台が本業の人たちが主演ではないので、
正直、舞台としては、いまいちだったけど、
マッキーの曲はあらためて、いいなぁと思いました。

★愛の唄を歌おう(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=rTnx1g_aQtM

29237027s

|

« フエルサブルータ | トップページ | パンダ型ポスト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の唄を歌おう:

« フエルサブルータ | トップページ | パンダ型ポスト »