« 手前味噌作り教室 | トップページ | 永年勤続祝いの旅 »

2014年8月 3日 (日)

キレイになれる甘酒料理ワークショップ

遅ればせながら、
雑誌DRESSのイベント
DRESS部活
キレイになれる甘酒料理ワークショップ
に参加した報告です。

今回のイベント、甘酒を中心とした
「麹」や「発酵」の話を八海山のスタッフさんが、
丁寧に教えてくださった後、
甘酒を使った合わせ調味料を作ってみて、
その後、麹や甘酒を使った料理と
八海山のお酒を楽しむというものでした。

Img_1876_1

下戸の私にとっては、
ちょっともったいないイベントだったかも!
八海山って、日本酒だけじゃなくて、
ビールや梅酒、焼酎もつくっているんですね!
私は、もっぱらお水と甘酒しか飲めませんでしたが、
八海山の社員食堂の調理師さんが作る
お料理は絶品で、大満足のイベントでした。

Img_1881_1

さらに、お土産に生麹をいただきました。
八海山のスタッフさん直伝による簡単レシピで、
早速、自宅で甘酒つくり初挑戦!

<甘酒のつくり方>
①生麹は300gに対してお湯400ml~700ml
②炊飯器に生麹と一度沸騰し、
 60℃にさましたお湯を入れます。
③よくかき混ぜます。
④炊飯器の保温スイッチをONにして、
 
 ふたを開け、湿らせたふきんで上をおおいます。
⑤5~10時間程の保温で出来上がり。
 (途中、2時間たった位で
  一度全体をかき混ぜます。)
⑥出来上がったら、保存容器に移し、
 冷蔵庫に保管します。

私は、間をとって、7時間保温してみました。
できあがった甘酒を冷蔵庫で冷やして、
翌日、冷やし甘酒飲んでみました!
夏バテ対策にオススメの一品です。
出来上がった甘酒。
甘くておいしい!

甘酒って、飲む点滴と呼ばれるくらい
体にすごくいいそうです。

生麹はなかなか手に入りませんが、
八海山の甘酒は、紀ノ国屋明治屋のような
高級スーパーやデパ地下で売っていました!
いまじゃすっかり
私のお気に入りの一品になりました!

毎朝、甘酒一杯が、
最近の我が家の新習慣です!

03130837_5320efb292acd

そして、今回、いただいた甘酒料理。
早速、何品か試してみました。

黒豆ごはん。
これも簡単で、すごくおいしくできて、
私のお気に入りの一品になりました。

<黒豆ごはんの作り方>
①黒豆を皮がメリッとわれる程度に
 煎ります。
②ふつうに炊くご飯の水加減で、
 そこに塩麹を1合につき小さじ1杯程度入れます。
③上から煎った黒豆をいれます。
④あとは普通に炊くだけ。
 塩麹のおかげでふっくらと
 ご飯も黒豆も炊き上がります。
 

甘酒味噌漬けも、
野菜をいろいろ試してみたけど、
瓜が一番おいしくできました!

漬ける野菜は軽く塩もみしておきます。
水分がある程度出たら、
甘酒1:お味噌1の割合でよく混ぜた
合わせ味噌に塩もみした野菜をつけるだけです。

甘酒を使ったレシピは、
こちらの本にいろいろ載っているそうです!
甘酒の魅力にすっかりはまってしまいました。

|

« 手前味噌作り教室 | トップページ | 永年勤続祝いの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47986/56647005

この記事へのトラックバック一覧です: キレイになれる甘酒料理ワークショップ:

« 手前味噌作り教室 | トップページ | 永年勤続祝いの旅 »