« 鉄錆テープ | トップページ | ジェルネイル <ツイード柄> »

2014年9月15日 (月)

サイザル麻

今回、マダガスカルを旅して、驚いたことのひとつ!
それは、サイザル麻が、
実はアガベだったこと!
知らなかったわぁ~

アガベは、和名を竜舌蘭といって、
メキシコ原産の多肉植物です。

Rimg3148

この植物はとっても手入れが楽なので、
我が家では、いろいろな種類のアガベを
育てています。

花茎は、アガベシロップといって、
甘味料として、利用されたり、
樹液を発酵させてお酒にもなります。
ちなみにテキーラは、
アガベから作られたお酒です。

アガベは、成長が遅く
花が咲くまで数十年かかります。
そして、1回花が咲くと、枯れてしまいます。

だから、アガベの花を見ることは、
日本ではめったにないことですが、
マダガスカルでは、信じられないくらい
アガベ(サイザル麻)の花が咲いていました。
このピュンピュンと伸びたのが、
サイザル麻の花です。5mくらいあります。

Rimg3103

そして、信じられないくらい
アガベ(サイザル麻)が、
一面広がっていたのでした。

Imgp0322

サイザル麻は、葉っぱを乾燥させて、
その葉っぱの繊維で、ロープをつくったり、
ラグをつくったりします。

Rimg3143

マダガスカルでサイザル麻の加工品が
つくられることは、めったになく、
ヨーロッパや中国で加工されるそうです。

これらのサイザル麻畑は、
5人のヨーロッパ人オーナーによって、
経営されており、
総面積は、25,000haもあるそうです。

それに比べて、
動物たちが生き延びることができる
ベレンティー保護区は、
わずか250haしかないそうです。

サイザル麻は、
マダガスカル固有の植物ではありません。
これだけのサイザル麻畑を作るために、
どれだけの森林がなくなったのかを思うと、
せつなくなりました。

|

« 鉄錆テープ | トップページ | ジェルネイル <ツイード柄> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47986/57342400

この記事へのトラックバック一覧です: サイザル麻:

« 鉄錆テープ | トップページ | ジェルネイル <ツイード柄> »