« マリオ・イ・センティエリ | トップページ | 演劇体験 <その1> »

2015年1月11日 (日)

ご当地キャラになる旅

今年最初の私の旅は、
仕事旅行の職業体験ツアーです!

私、年齢的に他の職業への転職は
もうこの先なさそうなので、
仕事旅行には、すごく興味がありました!

数ある職業体験の中から、
今回、私が選んだ旅は…

ご当地キャラになる旅

一度、機会があれば、
着ぐるみに入ってみたいと
ずっと思っていたのです。

今回の旅行先は、戸越銀座商店街
旅先案内人は、
犬山デザイン犬山明彦さん。

犬山さんは、
自衛官 → ディズニーキャスト →
ライター → ご当地キャラプロデューサー
という、異色の経歴をお持ちの方です。

今回の参加者は、私を含めて5名。
女性4名、男性1名です。

集合場所に全員そろったところで、
今回私達が着ぐるみ体験する
猫のミケちゃんの秘密基地、
お稲荷さんの祠の奥に移動します。

早速、犬山さんから、
キャラアクターの極意を教わります。

そして、待ってました!
ご当地キャラの登場です!!!

通常このツアーでは、
戸越銀座商店街のマスコットキャラクター
戸越銀次郎(通称:銀ちゃん)が
ホストキャラとして、登場するのですが、
今回は、銀ちゃんは、営業中ということで、
急遽、助っ人として、
大崎一番太郎(通称:イッちゃん)、登場!

イッちゃんは、
大崎駅西口商店会のマスコットキャラクター。
山手線29駅の中で最も嫌われ ている
「大崎」が生み出した
炎上上等のダークヒーロー。
銀ちゃん同様、犬山さんが生みの親です。

イッちゃんの登場に
参加者一同のテンションはMAXに!!!

秘密基地の中は狭いので、
外に出て、イッちゃんに、
ポージングのテクニックを教わります。

イッちゃん、さすがっ! 決まってるぅ~!

Img_2097_1

そして、イッちゃんの必殺技
「サバ折り」も全員やってもらって、
ご機嫌な参加者一同!

では、いよいよ本日のメインイベント!
私達も5分間ずつ
ミケちゃんになってみようじゃ
あ~りませんかっ!

ミケちゃんは、
銀ちゃん、イッちゃんの
お友達というキャラ設定。

というわけで、
ミケちゃん1号、いざ出陣!
1号はめっちゃノリがよくて、
子供たちに大人気です!
ハードル高くなっちゃったよぉ。。。(泣)

続いて、ミケちゃん2号。
急に小柄になります(笑)
具は、すごくおとなしい印象の方でしたが、
ミケちゃんになったら、すっごく楽しそう!

ミケちゃん3号。
再びちょっと背が伸びます(笑)
張り切って、いきなり走ったら、
息切れして、相当大変だったみたいで、
ミケちゃん、もうおうち帰るぅ~(笑)

いよいよミケちゃん4号、
具はもちまき、いざ出陣!!!

犬山さんのアドバイスにしたがって、
私も、ミケちゃんになりきって、
やってみました!

★ご当地キャラのコミュニケーションのコツ

 子供目線になってみる。
 手を振る。
 自分から近づいてみる。
 相手の気持ちになってみる。
 承認欲求を満たしてあげる。

Img_2657

★ご当地キャラの演技のコツ

 止まってポーズをきめる!
 
  → 動きが止まると、キャラがたつ!
 手足の関節を意識する!
  → 曲がっていた方ががカワイイ!
 手は体や顔に重ねる。体はひねる。
  → カッコイイ! カワイイ!
 挙動不審でいい!
 → ぎこちないと幼く感じる! ゆるく感じる!

Img_0865

ひゃ~ もぉ~限界!!!
ミケちゃん、おうち帰るっ!
秘密基地にそそくさと退散です!

そして、最後はミケちゃん5号!
具は、唯一の男性なので、急にガッチリ(笑)
棒立ちで、硬い! 硬い!
怖い! 怖い!
関係者一同、大爆笑!!!

というわけで、五者五様のミケちゃん、
キャラがころころ変わって、おかしかった~

ずっと、そばから離れなかった子供、
変に思わなかったかなぁ???
きっと、頭の中で、
???がいっぱいだったはず!

犬山さんによると、そこもゆるくて、
ご当地キャラだったら、
「あり」なんだそうです(笑)

それにしても、実際やってみて、
一番びっくりしたのは、
視界がとにかく狭いことです!
ミケちゃんは、
口のところから、外をみるのですが、
ちょっと下向きにしていないと、不自然なので、
ずっと、下しか見ることができなくて、
とにかく怖かったんです。

そして、メガネが途中、ずれちゃったのですが、
なおすことができなかったのも、
視界不良に輪をかけました。

犬山さんによると、着ぐるみに入るときは、
コンタクトにするか、
メガネをバンドで固定するのは
必須だそうです。

そして、やっぱり中は暑い!
真冬でこの暑さだから、
こりゃ夏なんて、地獄だろうな。

犬山さんによると、
夏場はマジで、
命の危険にかかわるそうです。
30分が限度だそうです。

あらためて、
ふなっしーって、凄すぎる!
って、心底実感しましたっ!

今回のご当地キャラ体験。
私ったら、普段みせないような
はしゃぎっぷりだったかもしれません。
でも、着ぐるみ目線からみると、
本当に子どもの喜びが、ダイレクトに
感じられて、とっても感動しました!
日常得られないとっても幸せな気分を
体験することができました!

まさに着ぐるみパワーを身をもって、
体感しました!
着ぐるみのセラピー効果!
ご当地キャラファンだけでなく、
具のアクターにも大いにありです!
大変だけど、やりがいのある
ハッピー度の高い職業だと思います!

いや~ 楽しかったなぁ。
また、仕事旅行、ぜひ体験したいです!

※一緒に参加したミケちゃん5号こと
 大崎ピロ工事さんも、体験談
 アップしていたので、ご紹介します!

http://yaplog.jp/koji_hirog/archive/97

★仕事旅行
http://www.shigoto-ryokou.com/

|

« マリオ・イ・センティエリ | トップページ | 演劇体験 <その1> »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご当地キャラになる旅:

« マリオ・イ・センティエリ | トップページ | 演劇体験 <その1> »