« 冬のくちどけ 2014 | トップページ | shop of cookie EMI'S »

2015年1月25日 (日)

ハラダマホさんの器

6757

昨日、新橋のメトロクス東京で開催中の
ハラダマホ展へ行ってきました!

ハラダマホさんは、熊本で、
錬り上げ技法で作陶されている
作家さんです。

以前から、ハラダマホさんの作品は大好きで、
特に、モノトーンの作品が、好きなんです。
そばちょこ「白樺」と小鉢「格子」を
愛用しています。

でも、まとまって、マホさんの作品を
みたことが一度もなかったので、
今回の個展はとても楽しみにしていました!

店内にはマホさんの非売品の作品も
たくさん展示されており、
一緒に設計図も展示されています。

今回は、ギャラリートーク
イベントにも参加しました!

店内は、マホさんファンでいっぱいとなり、
ギャラリートークスタートです!

まずは、マホさんのご経歴から。
マホさんは、有田窯業大学校卒業後、
会田雄亮研究所に入所。
その後出身地の熊本で独立されました。

現在、マホさんがどんなところで
作陶されているのかスライドで
ご紹介してくださったのですが、
自然豊かな熊本の秘境だそうです!

棚田があって、虫がいっぱいいる
大自然の中で作陶しているそうです。

続いて、作品の制作工程について、
私も持っているそばちょこ「白樺」を
例にご説明してくださいました。

まずは、このようにして、
方眼紙に色鉛筆でデザイン画を描くことから
始まるそうです。
マホさんは、この作業が一番好きなんですって!
意外にもアナログなので、びっくり!

Img_7346_1

デザインが決まったら、
次は粘土を作る作業です。
「練り上げ技法」は、
色土を幾重にも積んで模様を作って行くため、
接着面が馴染むのに
1ヶ月~3ヶ月の寝かしを必要とします。

そして、やっと
金太郎飴のようになった粘土の塊から
成形をするのですが、作れる数は15個ほど。
うち3個くらいは失敗するので、
売り物になるのは、
12個くらいがやっとなんだそうです。
んまぁー なんと手間暇のかかること!

マホさんの制作行程は、
コチラでも詳しく紹介されています!

ハラダマホさんの製品ができるまで

さらには、マホさんが作品作りの
ヒントとなっているのものもご紹介!

その1 石黒宗麿さん
大変失礼ながら、
私、存じ上げなかったのですが、
人間国宝でもいらっしゃった陶芸家だそうです。
もう50年近く前にお亡くなりになっていますが、
なかなかハイカラな方だったようであります。

その2 昔話
マホさんは、言葉から影響を受けて、
作品を作ることも多々あるそうです。

その3 ラジオ
山下達郎さんと大滝詠一さんの
ラジオ番組がすごく好きとのこと。
お二人のリスナーに対する
おもてなしの精神がすごく豊かなことに
ものすごく影響を受けているそうです。

その4 散歩
体を動かすことが大事だそうです。
なので、よく家の周りを散歩するそうです。
体を動かしていないと、
デザインアイデアが出てこないんですって!

それにしても、マホさん、
私より、ずっと若いのに、渋いなぁ!

また、マホさんの作品には、
ひとつひとつちょっと変わった
ネーミングがついているのですが、
そのセンスがおもしろいのです。

例えば「ルンバ」というカップ&ソーサー
これは文字通り、名曲「コーヒールンバ」から。
ダジャレです(笑)とのこと。

「ナイアガラ」というパスタ皿
こちらは、大好きな大滝詠一さんの
追悼の意を表して、とのこと。

そんな風にして、先に言葉が浮かんで、
作品アイデアが浮かんだり、
作品が出来てから、言葉が浮かんだり
と、いろいろだそうですが、
言葉は、マホさんにとって、
すごく作品に影響を与えているようです。

今回、ご本人から作品作りのプロセスを伺って、
手間暇がすごくかかっていること。
タイトルにも、こんなエピソードがあったこと。
知ってしまうと、ますますマホさんの作品に
魅力を感じてしまいました!

今回のマホさんのトークに影響され、
色物、柄物の器はめったに買わない私が、
こんな中間色のマグカップを
買ってしまいました!

タイトルはバルーンというそうです。
作品はこちら↓

01141938_54b64738cbf14

今回の展示では、
実際、マホさんが使っている仕事道具や
影響を受けた本なども展示されています。
愛用の方眼紙と色鉛筆!

Img_3090_1

色見本!
色見本が入っているカンカンもかわいい!

Img_6508_1

マホさんご本人が、
おっしゃっていましたが、
マホさんの器は、
お料理をおいしくみせるということは
あんまり考えていないそうです。

でもつるっとしているので、
口当たりがよく、
実はとっても使いやすいんですよ!
ケーキやアイスクリームを盛ると、
よりかわいくおいしくみえますし、
とってもいい器だと思います!

トークの後には、マホさんの器で、
マホさんのご自宅の茶畑でとれた
お茶をいただきました!

お茶請けのお菓子も、
なんと、マホさん手づくり!
熊本名物「朝鮮飴」です!

おいしかった~
どうもごちそうさまでした。

★ハラダマホ展
http://metrocs.jp/exhibition/2015/haradamaho/

*2015/1/31(日)まで

|

« 冬のくちどけ 2014 | トップページ | shop of cookie EMI'S »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハラダマホさんの器:

« 冬のくちどけ 2014 | トップページ | shop of cookie EMI'S »