2013年6月16日 (日)

喫茶谷中ボッサ

今年も6月の週末は芸大通い。
土日は、芸大の学食はお休みなので、
ランチは、近くのお店でいただきます。

絶対はずせないのは、筆やさん!
こちらは、すでに去年紹介済ですね。
教室に通っている間、必ず1回は訪れたい!
今年も早速、第1回の時に訪れました。
あいかわらず、美味い!

カヤバ珈琲紹介済ですが、
ここは、人気店なので、
いつ行っても行列が…。

そんなときは、
そのすぐ近くにある谷中ボッサ
ランチをします!

この日いただいたのは、
キッシュ&季節のサラダ!

Img_0683

雰囲気がなかなかよろしくて、
まわりのお客さんも、芸大の学生さんとか、
なんとなくアート関係者っぽい感じの人が
多いような気がします。

Img_0687

★喫茶谷中ボッサ
http://www.yanakabossa.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

茶酒金田中

先月、かつてモリハナエビルがあった場所に
オーク表参道というビルがオープンしました。

そこの2Fに、金田中のカフェができたそうです!
金田中といえば、新橋にある超有名料亭です。
その金田中のお味と雰囲気が
気軽に楽しめるということで、
期待に胸を膨らませて、いざ! 茶酒金田中

こちらのお店の空間デザインは、
写真家の杉本博司さんが手がけたそうです。
エントランスからして、
もうすでにそこは杉本ワールド!

Rimg4501_2

こちらの階段をあがっていくと、
うわ~! さらに杉本ワールドだぁ!

Rimg4503_2

店内には、仕事関係の打ち合わせをしている
男女1組のみで、
他にはお客さんがいなかったこともあって、
女性のスタッフさんが、
お店の特等席に私を案内してくださいました。

Rimg4506

ここからみえる苔庭。
モダンな日本庭園。
直島でみた杉本さんの世界観が、
表参道で楽しめるとは!
感動です!

遅いランチを食べたばっかりだったし、
時間が4時半すぎていたこともあって、

よもぎ餡温汁粉と煎茶をオーダー。
若い男のスタッフがまず、
よもぎ餡温汁粉をもってきました。

Rimg4507

うわ~かっこいい!

しばらくして、お茶を持ってきました。
うわっ! 中国茶の茶芸セットみたい!

Rimg4511

若い男のスタッフが言いました。
 こちらの煎茶、説明すると長くなりますが、
 よろしいですか?
 まずは一煎目お飲みください。

グビッ (私飲む。)

えーー? これって、日本茶?
味が丸くてうまいっ!
飲んだことのない味です!!

そのスタッフが、
2煎目の説明はじめようとしたところ、

 あっ、すみません。

彼は、私を突然ほったらかしにして、
新しくやってきた女性客の方に
行ってしまいました。
その間、待つこと、5分。
お湯はもうすっかり冷めちゃったんですけど…

結局、女性客の方は、待ち合わせらしく、
オーダーは後程ということらしい。

スタッフ、再びやってきたのですが、
お湯をかえてくれるわけでもなく、
お茶の説明の続きを長々としゃべります。
その間に、さらにお湯は冷めてしまった…。

まっ、要するにちびちび7煎まで飲んでください。
ってことらしいのですが…。

もはやお湯ではなく水のぬるさになってしまったのを
飲みきったので、
お湯をくださいとお願いしとところ、
すぐに持ってきてはくれたのですが、
一緒に、お勘定を置いて、
むかつく一言を言って去っていきました。

 お客様、こちらのお席、6時半から
 予約が入っておりますので、
 それまでには、ご退出ください。

えっ? 今、何時?
時計をみたら、まだ5時です。
しかもお客って、
先程の仕事の打ち合わせの1組は
帰っちゃったので、その時は、私以外、
1名しかいなかったんですけど?
(後から待ち合わせの男性1名来ましたが…)

しかも、さらにむかつくことに、
5時になったとたん、照明暗くなっちゃった。

本が読めないじゃん!(怒)

あー むかつく!(怒)
この日の私の服装、
確かにカジュアルすぎましたよ!
表参道のおしゃれなこのお店には
ふさわしくない服装だったかもしれません!
それに本読んでいましたよ。
お湯をくださいって、いいましたよ!
だからって、ここに7時くらいまで居座るとでも、
思ったのかしら?

なんかもうすっかり
気持ちが萎えてしまいました。
テンション下げ下げです。
さっさと出ることにしました。

あーだから、新しい店って、嫌だ! 嫌だ!
老舗のホスピタリティはどこへ行ってしまったの?
内装や雰囲気やお茶(1煎目)に
とっても感動したのにぃ~!
若いスタッフのホスピタリティ精神のなさのせいで、
台無しです!(怒)
一気にお店の評価急降下です。
がっかりです。

今度は、うーんとおしゃれして、
セレブマダムっぽい恰好で行って、
リベンジしてやるぅ~~~(怒)

★茶酒金田中
http://www.kanetanaka.co.jp/restrant/sahsya/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

Q-pot CAFE

原宿を歩いていると、
よく行列をみかけます。
ポップコーンのお店
パンケーキのお店
ハワイの朝食のお店

そんな原宿行列ショップの中で、
以前から気になっていたお店のひとつが、
Q-pot CAFEです。

珍しく並んでいなかったので、
思い切って、入ってみましたよー
なぜ、女子をそんなにひきつけるのか
気になっていたんですよね~

ドアをあけると、メイド風のかわいらしい制服を
着た店員さがお出迎え!
お店の雰囲気は、乙女そのものです!

クッキーやチョコレートをかたどったテーブルとか、
ティーカップをかたどった照明とか、
すっごくかわいいです。 

もちろん、トイレもチェックしましたよー!
歯をデザインコンセプトにしたトイレ!
意外にかわいくて、
思わず写真撮っちゃいましたー!

壁紙も歯の柄なんです!
わかります?
鏡も歯の形していました!

Img_0618_2

メニューは3種類。
ネックレスプレート1350円。
リングプレート1600円。
選べる幸せプレート2000円。

私は、ケーキ1品とドリンクのセットの
ネックレスプレートをオーダーしてみました。
お皿にあわせて、生クリームでネックレスと
ブレスレットをかたどっています。
お皿と盛り付けをちょっと工夫しただけなんだけど、
たったそれだけの違いで、すっごくおっしゃれ~

うん! 確かにかわいい!
女どうしでキャー! カワイイ!
っていいたくなっちゃうお店ですね!

Q-potデザイナーのワカマツさん、
“女心”っていうか、“乙女心
熟知しています!(笑)

★Q-pot CAFE
http://www.q-potcafe.jp/

Rimg4357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

カフェHIBIKI

今月は、週末は芸大の陶芸教室で上野通い。
帰りに上野でお土産を探すのも楽しみのひとつです。

今日のお土産は、
東京文化会館内にあるCafe HIBIKI
パンダ、ぶた、くまのおまんじゅうです。
パンダはあんまん
ぶたは肉まん
くまはかぼちゃまんです。

★Cafe HIBIKI
http://www.t-bunka.jp/shop/shop_list.html

Rimg0660Rimg0664_2Rimg0662_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

おばあちゃんカフェ

Wさんからの観劇のお誘いで、池袋の東京芸術劇場へ。
劇場へ向かう途中、なんだかあやしいカフェを発見!

その名は、カフェ・ロッテンマイヤー
老メイドさんが給仕してくれるカフェだそうです。
いわゆるおばあちゃんカフェです。

美術家のやなぎみわさんプロデュース。
期間限定で、11月28日まで営業。
しかも、週末だけオープンという
今、日本で一番話題のカフェらしいですよー!
観劇後、Wさんと早速、カフェへGO!

ロッテンマイヤーといえば、誰もが思い浮かぶのは、
そう! アルプスの少女ハイジに登場する
ゼーゼマン家のこわ~いメイド頭のロッテンマイヤーさんです。

ここの老メイドさんは全員、あのロッテンマイヤーさんを
イメージした特殊老けメイクを施しています。
公募とのことなのですが、劇団員の人とかが多いのかなぁ?
皆さん、キャラになりきっていて、おかしいです!

前日に、久々に秋葉原のメイドカフェ@ほぉ~むカフェに行ったのですが、
本当にここの若いメイドさんたちはかわいい!
しかも、おもてなし上手で、女の私ですら、
デレ~ッと、思わずニヤけてしまいます。
秋葉原のメイドカフェは、容姿端麗で若くないと、雇ってもらえないですが、
ここ、池袋のおばあちゃんカフェだったら、
私もやってみたいなぉなんて、ちょっと思ってしまったのでした。テヘッ。

それにしても、メイドさんたちのしゃべり方が、
なぜか戦場カメラマンの渡部陽一風なのが笑えます!

最終週(11/23,27、28)には、
やなぎみわさん演出、おばあちゃんメイド出演による演劇
「カフェ・ロッテンマイヤー」も公演予定だそうです。
ドリンク付で1000円でお得感あるから、
また、カフェ・ロッテンマイヤーへいっちゃうかも?

店内はぜーぜマン家の掟で撮影禁止なので、
外から撮ってみました。
グレーの制服を着ているのがおばあちゃんメイドです。

Rimg0909

カフェ・ロッテンマイヤー
http://www.festival-tokyo.jp/program/cafe_rottenmeier/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

デンマーク・ザ・ロイヤルカフェ

リニューアルされた銀座三越のレストラン街があるのは、
9階と11階と12階なのですが、どこもお昼時は混雑しています。

あきらめて、他のところで食べようかなぁと
エレベーターで1階に降りると、
あら~ ステキなカフェめっけ!

銀座三越の1階にあるデンマーク・ザ・ロイヤル・カフェは、
北欧デザインあふれる大人の乙女って感じのステキな空間です。
幸いすいていて、すぐ案内していただきました。

家具やテーブルウェアはすべて北欧製。
ハンス・J・ウェグナーフリッツ・ハンセンの椅子。
ロイヤルコペンハーゲンの食器に、ジョージ・ジェンセンのカトラリー。
北欧好きにはたまらないカフェです。
店内は、パステルカラーのやさしい色調で、
おとぎの国っぽい雰囲気ですっごくかわいい!

Rimg0771 Rimg0772_2

早速、スムッシーというオープンサンドのセットを注文。
食いしん坊の私にはちょっと物足りない量でしたが、
おとぎの国のお姫様だったら、これくらいの量で充分なのでしょう。
本当にデンマークのお店にいるような気分になるステキなカフェでした。

デンマーク・ザ・ロイヤル・カフェ
http://www.theroyalcafe.jp/

Rimg0777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

Cafe Sori

秘境の会で、新大久保にあるハレルヤ別館で食事をした後、
パソコンも使えて、ゆっくりお茶できる店を探していたら、
偶然にも、韓国伝統茶の店の看板を見つけ、ビルの地下へ。

階段を降りて、地下のドアを開けると、
そこには、驚くほど、ひろ~い空間が広がっていたのでした。
座席数も結構あり、どこでも好きなところへどうぞと店員さん。

わたしたちは、ちょっと個室っぽくなっていて、
パソコンが3人でみやすい席をみつけ、そこにすることにしました。

メニューをみると、びっくりするくらい韓国茶の種類が豊富。
チャレンジャーの私たちは、変わったお茶をそれぞれセレクトしました。

 カンヨウさん → 水菊茶
 ジュンコさん → 五味子茶 
 私 → サンファ茶 → サンファ茶 

水菊茶は、甘いお茶。韓国にしかないお茶だそうです。
葉っぱそのものに甘味があるお茶です。

五味子茶は、五味子というアセロラに似た実を干したもののお茶です。
色もアセロラのような赤で、すっぱくて、美容にいいお茶だそうです。

私が飲んだサンファ茶は、3人の中では、一番強烈な味と色です。
漢方茶のような味で、体に効きそうな感じはすごくしますが、
はっきりいっておいしくはありませんでした。

店内は女子ばっかりだから、長居しても大丈夫そう!
酒よりもお茶が飲みたい私のような人には、ぴったりのお店でした。
席も隣と結構離れているから、ゆっくりと話せます。

実際、韓流スター好き女子の交流の場となっているようです。
店内には、韓流スターのプロモーションビデオが、大画面で流しっぱなし。
韓国好きのコミュニケーションの場としてとてもおすすめのカフェです。

ただいま愛用のデジカメ修理中のため、今回は、写真がなしです。

Cafe Sori
 新宿区百人町1-1-4 T・Kビル B1F
 10:30~23:30 無休
 03-6233-9200
 
http://www.sori.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

カヤバ珈琲

今年も、芸大の陶芸教室に当選し、
6月の週末は、芸大通いをしています。

去年、芸大付近を散策中、
カヤバ珈琲といういい感じの佇まいの喫茶店をみつけたのですが、
残念ながら、改装中でした。
今年、お店の横を通ったら、きれいになって、営業していました!
早速、お店に入ってみました!

聞けば、昭和13年に開業した老舗の喫茶店だそうです。
2008年に後継者が見つからず、惜しまれつつ閉店してしまったそうですが、
昨年の秋に、装いも新たにオープンしたそうです。

店内は、かつてのレトロな感じも残しつつ、
イマドキでシンプルに洗練された雰囲気です。
私が訪れたときは、どういうわけか、お客さんの半分は外国人でした。
外国人向けのガイドブックにでも、載っているのかな?

2 ひとりではいってみたのですが、
 落ち着きます。
 ランチを頼んでみましたが、
 定番のハヤシライスも、日替わりランチも
 両方おいしかったです!
 芸大通いの時のランチは、
 ここで食べるのが定番となりました。

 

カヤバ珈琲
http://kayaba-coffee.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

ドゥ・ボン・クーフゥ

Rimg1260武蔵小山にすごくおしゃれなケーキ屋さん
ドゥ・ボン・クーフゥがあります。
たま~に、ケーキを買ったりするのですが、
この前、はじめて、地下にあるカフェにて、
ケーキと紅茶をいただきました。

このカフェが超かっこよくて、「アンティークショップ?」
と見間違うほど、素敵な空間です。
そして、こんな素敵な場所で、
お茶とお菓子を楽しんでいるのは、
Rimg1273私ひとりだけという超贅沢なひとときでした。

今回いただいたのは、いちごのタルト。
大変おいしゅうございました。

ドゥ・ボン・クーフゥ
http://dbc.apartment-key.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

秘境の会 秋葉原探検ツアーその2

秘境の会 秋葉原探検ツアーその1からのつづきです。

そして、いよいよ我々は、最終目的地であるドンキを発見!
アットホームカフェのある5Fをめざします!
5Fには、めざすメイドカフェ「アットホームカフェ」の他、
アイドルのイベント会場、さらには、コスプレの販売フロアがあり、
メイド服やら、セーラー服、体操着、婦警の制服やら、
いわゆるコスプレだったら、なんでもありそうです!
常時1400着もあるそうで、
なっ、なんと、日本一の品揃えだそうです。

「スク水。」って、なんだと思います?
スクール水着のことを、コスプレの世界ではこう呼ぶんですね。
はじめて知りました。

Akb02そして、奥の方に、お目当てのメイドカフェ
アットホームカフェを発見!

結構な行列で、待つこと30分。
その間、私たちは、交替で、5Fフロアを散策しました。

カフェの横には、なんと
メイドさんたちのプロマイドやグッズなどを
販売したショップがあり、
まるで、ジャニーズショップのようです。

そうこうしているうちに、
やっと私たちの順番が回ってきました。

「おかえりなさいませ。お嬢様!」

メイドさん1号に案内され、私たちは、カウンター席へ。
店内を見回すといろんなお客様がいます。

ひとりできている男性客の中には、
いかにも、オタクといった風情の男性客もいれば、
今風な普通にモテそうな男の子もいます。

グループで来ているお客さんは、男性2人組。
カップル。女性同士のグループ。
男女混合グループと、実にいろいろ。
外国人観光客も結構いるのには、びっくりです。
しかも、彼ら外国人観光客のために
ちゃんと英語対応のメイドさんがいるのには、さらにびっくり!

そして、一様に、みんなメイドさんとのコミュニケーションを
すごく楽しんでいます。
なんだかみている私たちも、ニヤけてしまいます。

と、周りばっかり気にしていたら、
メイドさん1号がメニューを持って、私たちのところにも、やってきました。
私たちは、それぞれ、飲み物を注文しました。
カンヨウさんとジュンコさんは、コーヒー。
そして、私は、紅茶とうさぴょんケーキ。

しばらくしたら、メイドさん2号が、オーダーした飲み物とケーキを持って登場!
さぁ、ここから、メイドさんとのコミュニケーションスタート!

メイド: お砂糖はいりますか?
秘境メンバー: はい。
メイド: では、ちょうどいいところで、ニャン♪(猫の手招き付)って、
     言って下さいね~♪
秘境メンバー: はいっ。

ここで、メイドさん、スプーンでお砂糖を飲み物の中に入れます。
秘境メンバーは、テレながら、ニャン♪(猫の手招き付)
そして、メイドさん、「マゼマゼ♪」といいながら、スプーンで混ぜてくれます。

メイド: では、次においしくなるためのおまじないです!
     一緒にやってくださいね~♪
秘境メンバー: はい。

ここで、メイドさん、両手でハートの形を胸の前でつくると、

萌え~ 萌え~ キュン キュン
 (左)   (右)    (前)   (胸)

と、ハートの形のまま、手を動かしながら、
かわいくおまじないを唱えます。

秘境メンバーは、
えぇぇぇ~ マジやるんっすかぁ~
と、一同、赤面!!!

しかし、ここは、もう、恥も外聞もかなぐり捨てて、
私たち全員、思い切って、やりましたよ~ (恥)

ちなみに、オプションメニューで、
メイドさんとゲームをしたり、
猫耳をつけて、一緒に写真を撮ったりすることができるのですが、
男子の皆さんは、すっごく嬉しそ~にデレ~とした顔をしています!

それから、外国人の皆さんには、
英語の話せるメイドさんが、ちゃんとお相手しているのですが、
「萌え萌えキュンキュン」や、「ニャン♪」は、訳さず、日本語でしたぁ!
外国人の皆さんもすっごく楽しそ~な顔していましたよ~

楽しい時間はあっという間にたってしまい、
ご帰宅のお時間となりました。

「いってらっしゃいませ~ お嬢様!」

さて、メイドカフェを出ると、
私たちは、トイレのあるゲームコーナーのある階へ。
トイレのドアを開けたら、びっくりびっくり!
そこに、初音ミクがいたのでした!
いや、初音ミクの正体は、コスプレをしたドンキの店員さんなんですけど、
秋葉原歩いていると、初音ミクのコスプレしている女の子が、
本当に、普通に街にポツポツといるんです。
ほんと、秋葉原って、不思議な街ですね。

Akb01そして、めざすは、
ドンキ8FフロアにあるAKB48劇場です。
8Fフロアは、男子であふれかえっていて、
なんだか異様な雰囲気です。
この日のチケットはすべて完売。
残念ながら、ショーは見れずじまいだったのでした。

ドンキを出たら、外はうっすらと暗くなっており、夕食の時間です。
秋葉原でディナーといっても、
レストランは、肉の万世くらいしか思いつかないので、
「ディナーは、肉の万世にしましょう!」
ということになり、万世橋にある肉の万世へ!

Akb03さすが、秋葉原本店、広いです!
B1Fから10Fまで、
万世ブランドのレストランがぎっしり!
1Fには、なんと、宝くじ売り場なのに、
宝くじと一緒にに、なぜか万かつサンドも販売中!
このへんてこりんな感じが秋葉原なんだよなぁ。

いや~ 長々とレポートしてしまいましたが、
秋葉原って、こ~んなにエキサイティングな場所に変貌していたとは!!!
久しぶりの秋葉原探訪は、驚きの連続でした!
今度は、AKB48劇場や、戦国メイドカフェにも
突撃レポートしてみたいと思います!

ドン・キホーテ 秋葉原店 5F コスプレ館
http://www.donki.com/c/cospre/akihabara/index.html

アットホームカフェ ドンキ店
http://www.cafe-athome.com/pics/donki

AKB48劇場
http://www.akb48.co.jp/ticket/

肉の万世 秋葉原本店
http://www.niku-mansei.com/contents/02honten/02honten01.html

<秋葉原情報>

秋葉原ホームページ
http://www.akiba.or.jp/

秋葉原マップ
http://akibamap.info/

秋葉原インフォメーション
http://www.akiba-info.com/

アキバ総研
http://akiba.kakaku.com/

アキバ経済新聞
http://akiba.keizai.biz/

| | コメント (0) | トラックバック (0)