2015年5月17日 (日)

ザ・プーチンズのシブヤ大学の授業

私が、ザ・プーチンズの存在を知ったのが、
今から、4年程前。
東日本大震災の影響で、
中止となってしまった
シブヤ大学での授業。
私、参加する予定だったのです。

その後、姉妹校の東京にしがわ大学で、
同じ内容の授業があると教えていただいて、
参加したのがきっかけとなり、
それ以来、ザ・プーチンズ
どっぷりとはまってしまったのでした。

★東京にしがわ大学でマトリョミン初体験!
http://mochimaki.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-e44b.html

その幻となってしまったシブヤ大学
ザ・プーチンズの授業。
4年越しで、今回、開催されることを知り、
早速、抽選申込をしました。
当たるかどうかドキドキでしたが、
嬉しいことに、見事、当選しました!

★テルミン大学がやってきた!
  ~電波で奏でるって、どういうこと?~
http://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1073/

今回の教室は原宿にあるストロボカフェ原宿
今回、シブヤ大学では初の教室とのこと。
来月のぷ道館Vol.4の会場でもあります。

真っ暗の中、ザ・プーチンズの登場です!
そのまま、演奏スタート!

Rimg4105_1

うわ~ こんな感じで真っ暗なまま、
授業するのかなぁ?
それもおもしろいかも?
と思っていたら、ちゃんと明るくなりました(笑)
まずは、テルミンとマトリョミンの説明をして、
とにかくマトリョミンを弾いてみましょう!

というわけで、
参加者全員がマトリョミンを触ってみます。
ほとんどの人が、
マトリョミンをみるのも、触るのも
初めての方ばかりのようで、
みんなすごく楽しそうです!

その後、マチオさん、マチコさんによる
テルミンとマトリョミンの講義。
ユーモアを交えながら、楽しく丁寧に説明!

質疑応答コーナーでは、

 テルミンで飯食っている人って、
 日本にどれくらいいるんですか?

という質問に、マチコさんの回答。

 師匠の竹内正実さんと私と
 あともうひとりくらいで、3名くらい?

ひゃ~
日本ではまだまだマイナーな楽器です。

とはいうものの、
9月に全日本テルミン選手権があります!
と、しっかり告知は忘れません(笑)

E64e11595da1b2af13e0f0a078a6677e

10分間の休憩の後、後半はミニライブ。
たっぷり5曲も!
新曲のテルミン救急車。
おもしろかった~

そして、ラストは、
私の大好きなデンパデンパ♪

Img_3689

4年越しのシブヤ大学での
ザ・プーチンズの授業。
参加できて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました!

★ザ・プーチンズ
http://theremin-unv.com/putins/

★テルミン大学
http://theremin-unv.com/

★シブヤ大学
http://www.shibuya-univ.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

野本弥生さんのお料理教室 2015

1月の玄米菜食お食事会に引き続き、
冬の間は、下界におりてきている
穂高養生園の料理長、野本弥生さんの
お料理教室に参加しました!

このホールフーズスタジオ
弥生さんの特別クラスは、
毎年、とっても好評で大人気!
年々、予約がとりずらくなって、
昨年は予約とれなくて、
今年も実はとれなかったのですが、
ラッキーなことにキャンセル待ちで、
急遽参加できることになりました!

この日のメニューです!

 ①中華風炊き込みご飯
 ②ねぎと春雨のスープ
 ③ごぼうと高野豆腐のハンバーグ
 ④ナッツ入りもちきびボール
 ⑤かぶのりんご和え 
   紅芯大根の薄切りをあしらって
 ⑥さつま芋のババロアタルト
   安曇野産りんごのソース添え
 ⑦ドライフルーツ入りの
   スパイシーパウンドケーキ

①の炊き込みご飯は、八角が
味のアクセントとなっていて、おいしい!

②は、とろみを葛粉で出しています。
こういうところが、へぇ~なるほど!
と感心!

③は、くるみなどが入ることで、
食感に変化もあって、
肉のハンバーグよりもおいしいかも!
それに盛り付けがまたキレイ!
上にピンクペッパーをのせることで、
味だけじゃなくて、彩もステキ!

④は、あげたてでさくさくしていて、
おいしい!
2個食べたたけで、
おなかにずっしりと満腹感!

⑤は、すぐにでも、
家でも真似しようと思いました!
りんごのすりおろしに梅酢と
柚子果汁をいれ、カブを和えただけですが、
すごくおいしいです!
周りを紅芯大根で、さっと巻いて、
水菜をトッピング!
 
さすが弥生さん!センス抜群!

Img_3167_1_3

⑥は、かぼちゃでもおいしくできるそう!
付けあわせのりんごは
安曇野からもってきてくださいました!
りんごソースも葛でとろみを出しています。
葛って、いろいろ使えるんですね~

⑦は、ナッツがいっぱいはいっていて、
これも、かなりおなかいっぱいになりました!

Img_3172_1

いや~ ほんと弥生さんのお料理は、
おいしくて、キレイで、新しくて、
体にもやさしくて、心がこもっていて、
幸せになります!

玄米菜食のお食事は、
材料がどうしても、同じものが続くため、
バリエーションの工夫が大変だと思いますが、
弥生さんの頭の中には、
まだまだアイデアがいっぱいあって、
つきない感じです!

美味しいお食事ごちそうさまでした!
今年も、穂高に食べに行きますね~

★Whole Foode Studio
http://wholefoods.jimdo.com/

★やよいの厨房日記
http://yayoijoen.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

味噌仕込み

2013年に仕込んだ味噌
びっくりするくらいおいしくできて、
2014年も、期待を込めて仕込みましたが、
2014年味噌はどういうわけか
2013年に比べるといまいちでした。

でも同じ2014年、
庭のホテルの味噌仕込み会でつくった
天野屋の麹で仕込んだ味噌は、
すごくおいしくできました!

材料と配分を変えるだけで、
こんなにも味が変わるのかとびっくり!
あらためて、手前味噌の魅力に
はまってしまいました!

というわけで、今年はますます、
味噌作りがパワーアップしました!

まずは、2月21日の
オレンジページまめ部主催の
味噌仕込み会に今年も参加しました!
昨年、一昨年に続き、
今年で3回目の参加です!

★オレンジページの味噌

米麹 840g
大豆 700g
塩(シママース) 350g

大豆は、長野県上田市の
オレンジページ畑」で
昨年末に収穫した
「ナカセンナリ」です。
米麹は、
信州ファーム荻原」さんの
農薬不使用米を
上田市役所が運営する
ゆきむら夢工房」で、
地元のおかあさんたちが
丸3日かけて
手作りしてくれたものだそうです。

厳選素材を使ったお味噌を
今年も心をこめて仕込みました!

やっぱり大勢で仕込んだ方が
楽しいですね!

Img_3154_1

さらに今年は、
オレンジページの味噌の他にも
素材や配合を替えて、自宅でも、
手前味噌を3種類作ってみました!
今後の味噌作りの参考のため、
レシピをメモっておきます。
おいしくできるかどうかは、
完成するまでわかりません。ドキドキ!

★麦味噌

麦麹マルカワみそ) 500g
さといらず大豆マルカワみそ) 250g
雪塩 170g

麦味噌は、麹多めの
甘口レシピにしてみました!
麦麹と大豆は、
マルカワみそで取り寄せました。
大豆は青大豆で、普通の大豆に比べて
かなり大きいです。
右は、オレンジページ畑の大豆。
左がさといらず大豆

Rimg17732_1

一晩水につけると、
さらに大きくなります(写真右)。

Rimg17734_1

さらに圧力鍋で20分煮ました。

Rimg17737_1

つぶした大豆に
雪塩麦麹もまぜていきます!

Rimg17736_1

しっかり混ざったら、
樽にしっかり詰めて完成です!
食べ頃は11月頃!
どんな味になるか楽しみです!

Rimg17738_1

★豆味噌

豆麹マルカワみそ) 500g
マリンゴールドの塩 93.75g
室戸の海洋深層水マリンゴールド 212.5g

豆麹も、マルカワみそ
取り寄せしました。
レシピもマルカワみそのHPを
参考にしています。
室戸の海洋深層水のお塩とお水で
素材にこだわってみました。
豆麹って、
味はねばねばしていない
納豆みたいで、
これだけでも十分おいしいです。

Rimg17747_1

豆味噌は作り方は、
豆麹と塩と水を混ぜるだけでOK!
とっても簡単ですが、
出来上がるのはなんと2年後!
首を長~くして待ちます!

Rimg17748_1

★黒豆味噌

秋葉農園の黒大豆マルカワみそ) 350g
玄米麹 (宮本みそ店) 500g
海の精 あらしお 200g

ちょっと変わり味噌もつくってみたくて、
黒大豆と玄米麹という組み合わせで
作ってみました。
玄米麹は、
たまたま青山ファーマーズマーケット
出店していた
富山の宮本みそ店で売っていたので、
購入しました。
黒大豆はもっと真っ黒になるのかな?
と思って、煮てみると、大きな大納言みたい。
つぶすと中は白くて、真っ黒じゃなかったです。
この味噌もどんな味になるか非常に楽しみです。
やや麹多めにして、甘口レシピにしました。

Rimg17749_1

お味噌は、素材、分量の割合、
熟成期間、保管場所等の違いで
味は七変化。
本当に奥が深いです!

今年は、4種類も作ったから、
あわせ味噌の楽しみもありますね!

どんなお味噌になるか、
首を長~くして、待ちますよ!

★オレンジページまめ部
http://www.orangepage.net/op/cooking/mame/

★信州ファーム荻原
http://shinshu-farm.com/

★マルカワ味噌
http://marukawamiso.com/

★宮本みそ店
http://www.miyamotomiso.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

演劇体験 <その2>

演劇体験 <その1>からの続きです。

<5日目> 準備・本番

最終日の公演は、一般に公開し,
演劇評論家の方に講評していただきます。

今回、公演するのはオリジナル作品
「忘れられない夏の思い出」

受講者ひとりひとりが書いた戯曲を
とよじゅん先生が、ひとつの戯曲に
うまくまとめあげた
1時間にわたる大作です!

 場所は富士山の登山口。
 記憶喪失者を待ち受ける思い出の波。
 13名の運命はいかに?!

_1 _1_2

ストレッチと発声練習の後、
カーテンコールの練習をし、
ゲネプロをして、最終確認。

開演15分前。客入れ開始です!

15時開演! 
「忘れられない夏の思い出」
いよいよ本番スタートです!

  *
  *
 
  *

ずっと緊張しながらも、大きなミスもなく
無事、舞台は幕を閉じました!

私、カーテンコールの時、
一番前に座っていらっしゃった
あづにゃんの ご両親が泣いているのをみて、
もらい泣きしてしまいました。

極度の恥ずかしがり屋で
人前に出るのが超苦手な私が、
舞台に出た!
みんなと一緒にやりきった!
みんな本番凄かったなぁ!

と、もういろんな思いがこみあげてきて、
一気にあふれでてきてしまった!
そんな感じでした。

演劇体験者のえりちゃん、あづにゃんは
さすがにうまかったなぁ!

このふたりは、
もともと断トツにうまいんんだけど、
参加者の他の誰よりも、何度も何度も練習して、
本当に努力しているを知っているだけに、
本番ではもう完璧にセリフ頭に入っていて、
声もよく通っていて、表情もすっごくよかった!
このふたりがいたから、
ちゃんと演劇っぽくなっていたような気がします。

なっちゃんとなおしは親子で参加!
なおしは高2で最年少。
イマドキのというよりは、
ちょっとおとなしい感じの 高2男子なんだけど、
本番、ものすっごくよかったなぁ!
特になおしがキレる
「うっせーよ!」のセリフ。
ものすごい迫力あって、マジでびっくり!
のびしろが一番あって、
本当に別人のように
たったの数日間で成長したなぁ。

こういう講座に母と息子で参加って、 珍しいなぁ。
と思っていたのだけど、 打ち上げの時に、
なおしの事情を伺って、家族の絆の深さに感動!
なっちゃんの母としての懐の深さを本当に感動しました!
なっちゃんも苦労したのに微塵もそんなこと感じさせず、
とにかく明るい!
本番では、なっちゃんのご主人と
上の息子さんもいらしていて、
家族の絆の深さをますます感じました!

けいちゃんも頑張ったなぁ。
たぶんこの講座でけいちゃんは、
確実に自分の殻を破って、
何か一皮も二皮も向けた感じ!
突き抜けた感があって、
それがとても 本番で伝わってきて、
泣けてきました。

最年長のよっこさん。
私たちのリーダー的存在で、
セリフもすごく長くていっぱいあって、
覚えるの大変だったと思います。
1カ所だけ、ちょっとやばいとこあったけど、
なんとか思い出してくれて、よかった!

みっちゃん、本番前日、
すっごい風邪ひいたらしくて、
ガラガラ声で心配したけど、
お薬一杯飲んで、本番頑張りました!
みっちゃんのハーモニカよかったなぁ。

せんこ。独特のキャラがたっていて、
それをうまく配役したとよじゅんの演出が
はまっていました。
本番では、みんなの想像を超える役作りで
大笑い。
内輪ではすごいウケていたのだけど、
お客さんには、
いまいちせんこの凄さが伝わっていたのか、
よくわからなかったのが残念。
でも相棒にきいたら、
せんこの際立つ個性は
ちゃんとわかっていたみたいで
ホッとしました。
私はすごく好きです。せんこのセンス!

ナベちゃんは、すっごくおもしろい人なんです。
えりちゃん曰く破壊力がすごい!
通しとゲネプロの時に、
ナベちゃんがいちゃいけないところに、
なぜか2度もナベちゃん登場で、
けいちゃんが、あたふたということがあって、
本番心配だったのだけど、
本番は無事そこには、
けいちゃんが座っていて、 よかった。
でも本番でナベちゃんが、いたら、
それはそれでおもしろかったかも?
でもアドリブを言う余裕誰もなかっただろうなぁ。

今回の受講者は13名中男性が3名しかいなくて、
必然的に男子はセリフが多くて大変でした。
特にIKKOは、いろんなシーンに登場で、
役作り大変でしたが、ノリノリで頑張りました。
特にこの脚本、唯一のラブシーン、
そして、私も登場する女子高生の部活シーンでは、
JKにも挑戦しました。
IKKOのJKはおかしくて、練習ではおかしくて、
笑いすぎて私セリフ飛びまくりで、
ゲネプロでもぜんぜんダメで心配だったのだけど、
本番は飛ばなくてよかった。

ながやんも貴重な男性のひとり。
おじいちゃんの役とかウェイターの役とか
少年の役とか、細かく役作りしていて、
小道具も準備していて、 静かななかにも、
なかなか熱いものを感じました。
印象的だったのは、
最初の夏の思い出エピソードを
語っていたときのその独特の感性。
繊細に物事を見る人なんだなぁと思いました。

めぐは、なかなかの美形です。
ちょっとハーフっぽい顔立ちの美人さん。
でも、そんな見かけとは、ちょっと違って、
実はとっても凛々しくて、男前な女子!
めぐの思い出は
高校時代の剣道部でのエピソード。
そのワンシーンを私も演じたのですが、
青春のほろ苦さが感じられるこのシーンは、
この作品で私が最も好きなシーンでした。

うえさま。 現在、M2の学生さん。
演劇ユニットも旗揚げしたり、
いろいろなことにチャレンジする
すごく繊細な感性を持ったアーティストです。
本番の時は、主に撮影を担当。
当日は、舞台が移動する演出だったので、
うえさまも一緒に動きっぱなしで、大変でした。
撮影ありがとうございました!

芸大の教育研究助手のウンティ
本番の時は、
主に音響を担当してくださいました。
いろいろぴったりの音を探してきてくださり、
ありがとうございました。
ウンティは、ダンスと音楽と映像を融合させた
パフォーマンスを制作する才能溢れるアーティスト。
YouTube拝見しましたが、本当に凄いんです!
そして、実際のパフォーマンスも生で
拝見しましたが、 生はもっと凄かったです!

こんな凄い方々に
サポートしていただいたなんて、
もう一生ありえないかも?!
ありがたや~ ありがたや~

そして、この講座を中心となって、
企画・運営してくださったとよじゅん先生!
1週間で、1時間にわたる長編の戯曲を つくりあげ、
毎回、熱血指導をし、
平日にも稽古場を借りて、ご指導いただきました。
本番前日には、ビデオで通し稽古を
細かくチェックされ、深夜に演出の
再確認のメールをくださったりと、
もうただただその熱意に感動しました!

出会ったばかりの素人13人で、
1時間にわたるお芝居ができるなんて
信じられなかったけど、
できちゃったのは、 みんなをまとめあげた
とよじゅん先生のおかげだと思います!

当日は、他にも芸大の関係者数名が、
スタッフとして、手伝ってくださり、
また、こんな素人のお芝居を
観に来て下さった方も、結構いらっしゃって、
皆さん、真剣にみてくださって、
本当にありがとうございました!

講評では、演劇評論家の長谷部先生が、
観客にも語りかけるように、
役柄になりきると よかったって、
おっしゃっていましたが
私のような初舞台で、
役者になる気が全くない人には、
そんな余裕1ミリもありませんでした(笑)
セリフ飛ばないように。
それで、精一杯でした。

結局、通しでやったのは3回で、
3回目の本番がやっぱり一番よかったから、
もっと練習重ねれば、
もっといいものになったかも?
だから舞台は、 毎回変化するので、
おもしろいんでしょうね。

それにしても、私の初舞台への緊張感。
これは自分が思っている以上に
ハンパなかったのかも!
前日から下痢は止まらなかったし、
当日は、衣装の登山パンツ忘れちゃって、
ひとりだけ、山登りの設定なのに、
サルエルパンツはいていて、 ちょっとおかしかったし。
でもこの講座に参加して、
本当にいい経験になりました!

こういうワークショップって、
はじめて参加してみたのですが、
こんな効果があるような気がします。

 *コミュニケーションスキルのアップ!
 *直感力のアップ!
 *ポジティブで柔軟な発想ができるようになる。
 *感受性や表現力が豊かになる。
 *自分に自信がつく!
 *人に対しても深い信頼がもてるようになる。
 *アドリブに強くなり、即断・即決ができるようになる。
 *今、この瞬間を楽しむ感性を養える。

今回の体験はビジネスの場や
日常生活の中でも
十分に生かせるのでは?
そんな風にも感じました。
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇体験 <その1>

いまさらですが、
2014年、私が頑張ったことののひとつ
はじめての演技体験の
ご報告をさせていただきます。

実は、つい先日も、
この公開講座の仲間で新年会をしたばかり!
こんな風に生涯学習講座で出会った人たちと
その後も熱く関係が続いているのは、
今回がはじめてかもしれません。

昨年の9月のことですが…
はじめて出会った13人で、
自分たちで戯曲を作り、1時間にもわたる
お芝居をたったの4日間でつくりあげ、
なんと上演するという東京芸術大学
「演劇体験」の公開講座に参加しました。

この講座は、
人が集い,演劇がはじまるところから
上演するまでを体験するというものです。

先端芸術表現科
教育研究助手をされております
とよじゅん先生が、主に企画・運営、
ご指導してくださいました。
お肌ボロボロになりながら、
睡眠時間を削って、頑張って下さいました!

参加者は、演劇体験がある方や、
演劇が大好きな方ばかり。

私も演劇は観るのは大好きですし、
有名、無名問わず
演劇ファンといえるくらいは、
結構いろいろ観ています。
舞台美術とか、シナリオづくりとか、演出とか
音響とか、照明とか、裏方にはおおいに興味あり!
裏方で参加できたら、いいなぁ。
と、思って参加したのですが…。

まさか自分が役者として参加!
というのは想定外!!!
まして、お客様までいれてみていただき、
演劇のプロに批評までしていただくというのは、
もっと想定外でした!!!

いや~ この講座本当に凄かった!!!

公開講座で、ここまで熱くご指導してくださった
とよじゅん先生はじめ、
スタッフのウンティうえさまに感謝!感謝!

そして、13人の仲間たち!
あづにゃん、IKKO、えりちゃん、けいちゃん、
せんこ、なおし、ながやん、なっちゃん、
ナベちゃん、みっちゃん、めぐ、よっこさん
本当にありがとう!

<1日目> 体と心に出会う

①ストレッチと発声練習

②自己紹介

 参加者は自己紹介をします。
 参加理由と演劇経験を語り、
 この講座で呼んでほしい
 ニックネームを伝えます。

③ウォーミングアップ

 まずは、「羊と狼」というゲームをしました。
 列の先頭に立ってる人は羊のお母さん。
 自分の後ろに並んでいる子供たちを
 狼(鬼)から守ってね、というルールです。
 少しずつお互いの距離が縮まっていきます。

1235549_378521702298730_59500216555

 つづいて、エアーバレーボール。
 参加者はふたてに分かれて、
 エアーでバレーボールのゲームをします。
 パスをする相手のニックネームを呼びます。
 ミスしたら、相手に点が入ります。
 これでお互いの名前と顔を覚えていきます。

 さらに、ふたてに分かれて声をそろえるゲーム。
 それぞれのチームで声をそろえて、
 ひとつになり、向かい合って、会話をします。
 チーム間での絆が生まれて、仲良くなります。

1392890_378522092298691_86698481985

 3つもゲームをやって、クタクタ。汗びっしょり。
 でも、すっかりお互いの距離は縮まって、
 みんなの名前と顔はこれですっかり覚えました!

④自分の体験を語る。

 忘れられない夏の思い出をひとり
 3~5分くらいで皆の前で話します。
 私は、夏の旅で特に印象に残っている
 サハラ砂漠のキャンプツアーでの思い出
 を話しました。

⑤演劇用語、戯曲の基礎の説明

 演劇の基礎用語を簡単にレクチャー。
 これから、戯曲を作るにあたっての、
 簡単な戯曲の技法もレクチャー。
 

⑥戯曲をつくる。

 先程語ったみんなの前で語った、
 忘れられない夏の思い出のワンシーンを
 戯曲にしてみます。

 私は、50度超えのサハラ砂漠で、
 水場に立ち寄った時のハイテンションな瞬間
 書いてみました。

10711029_378522238965343_2399351140

こうして、盛りだくさんの第1日目終了。
久々に体を思いっきり動かして、
翌日は、バリバリの筋肉痛(苦笑)

<2日目>物語を作る

①ストレッチと発声練習

②ウォーミングアップ
 「何をしてるんでしょうか?ゲーム」

 ペアになります。
 相手に「何をしているの?」と、
 もう片方の人がきくと、
 「テニスをしているの。」といいながら、
 ぜんぜん違うことを表現してみます。
 これを交互に繰り返します。

 
 今度は、グループを観る側と演じる側に分けます。
 演じる側は、テーマの場所を「図書館」と設定したら、
 パントマイムで演じます。
 まずはひとりの人が演じます。
 次の人がさらに動作をもうひとつプラスして、
 演じます。
 ひとりだけじゃなくて、複数で演じたりもします。
 観る側は何がテーマか当てるゲームです。
 グループを交代して、観る側が今度は演じます。

③配役を決める。

 なんと、とよじゅん先生が
 みんながかいた戯曲をつなげて、
 1本の戯曲をかきあげました!
 そして、製本までされた立派な台本が
 配られました!
 一同、感動の大歓声!!!
 早速、配役を決めました。
 配役は、もともと決まっているものと
 立候補するものと2種類。
 だいたい、ひとり最低5役はあります。
 男性陣は、3名なので、必然的に多めです。
 みなさん、積極的!
 私はなるべくセリフの少ない役を
 控え目に立候補しました。

④本読み

 早速、適当に決めた配役で
 台本を読んでみます。

⑤ワンシーンのイメージを膨らませる。

 IKKOの思い出のシーンを題材にして、
 このシーンの色、におい、音など、
 それぞれが感じたイメージをどんどん
 言葉に出してホワイトボードに書いていきます。

⑥実際にワンシーンをやってみる。

 
 早速、先ほどイメージを膨らませた
 IKKOの思い出のシーンをやってみます。
 演じてみたい人が立候補し、
 みんなの抱いたイメージを参考に
 演じてみます!

<3日目> 稽古・舞台美術作り

①ストレッチと発声練習

②舞台設定
 当日の舞台づくりを皆でします。
 今回は会場が体育館なので、
 体育館にある道具(卓球台、跳び箱など)を
 富士山の登山道にみたてて、
 舞台を皆で作っていきます。

③ウォーミングアップ
 「感情を表現してみる。」

 ペアになって、
 「学校」や「駅」などで起こる出来事を
 喜怒哀楽の感情で表現してみます。
 
 片方の人が「喜び」と言ったら、
 もうひとりの人は、「喜び」を表現し、
 「怒り」といったら、話をうまく転換させて、
 今度は怒りを表現。
 なかなか難しくて、
 私は何度も固まってしまいました。

④配役調整と本読み

 昨日の本読みで、不自然だった配役を調整し、
 もう一度本読みをしてみます。

⑤稽古
 台本をみながら、本番の舞台で、
 実際に、体も動かして、やってみます。
 途中、とよじゅん先生の演技指導が入ったり、
 台本の変更があったりで、
 この日は、台本の半分だけやって
 終了しました。

1週間後が本番ですが、
はぁ~、こりゃ非常に心配です!!!

というわけで、余談ですが、
平日の水・木・金の夜、とよじゅん先生が、
稽古場を予約してくださり、自主練開催!

私も金曜日の夜に、
ちょっとだけ参加しました!
参加率はなんと7割以上!
皆さん、やる気が凄い感じられます!

<4日目> 稽古・舞台美術作り

まずは、舞台を皆で作ります。

いよいよ翌日に迫った本番に向けて、
残りの半分を台本を読みながらやってみます。

通しで、台本読まずでやってみます。
私は、もうセリフが何度も飛んじゃって、
非常にヤバイ状況!!!
本番、超心配です!!!

続きは、<その2>で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

ご当地キャラになる旅

今年最初の私の旅は、
仕事旅行の職業体験ツアーです!

私、年齢的に他の職業への転職は
もうこの先なさそうなので、
仕事旅行には、すごく興味がありました!

数ある職業体験の中から、
今回、私が選んだ旅は…

ご当地キャラになる旅

一度、機会があれば、
着ぐるみに入ってみたいと
ずっと思っていたのです。

今回の旅行先は、戸越銀座商店街
旅先案内人は、
犬山デザイン犬山明彦さん。

犬山さんは、
自衛官 → ディズニーキャスト →
ライター → ご当地キャラプロデューサー
という、異色の経歴をお持ちの方です。

今回の参加者は、私を含めて5名。
女性4名、男性1名です。

集合場所に全員そろったところで、
今回私達が着ぐるみ体験する
猫のミケちゃんの秘密基地、
お稲荷さんの祠の奥に移動します。

早速、犬山さんから、
キャラアクターの極意を教わります。

そして、待ってました!
ご当地キャラの登場です!!!

通常このツアーでは、
戸越銀座商店街のマスコットキャラクター
戸越銀次郎(通称:銀ちゃん)が
ホストキャラとして、登場するのですが、
今回は、銀ちゃんは、営業中ということで、
急遽、助っ人として、
大崎一番太郎(通称:イッちゃん)、登場!

イッちゃんは、
大崎駅西口商店会のマスコットキャラクター。
山手線29駅の中で最も嫌われ ている
「大崎」が生み出した
炎上上等のダークヒーロー。
銀ちゃん同様、犬山さんが生みの親です。

イッちゃんの登場に
参加者一同のテンションはMAXに!!!

秘密基地の中は狭いので、
外に出て、イッちゃんに、
ポージングのテクニックを教わります。

イッちゃん、さすがっ! 決まってるぅ~!shine

Img_2097_1

そして、イッちゃんの必殺技
「サバ折り」も全員やってもらって、
ご機嫌な参加者一同!

では、いよいよ本日のメインイベント!
私達も5分間ずつ
ミケちゃんになってみようじゃ
あ~りませんかっ!

ミケちゃんは、
銀ちゃん、イッちゃんの
お友達というキャラ設定。

というわけで、
ミケちゃん1号、いざ出陣!
1号はめっちゃノリがよくて、
子供たちに大人気です!
ハードル高くなっちゃったよぉ。。。(泣)

続いて、ミケちゃん2号。
急に小柄になります(笑)
具は、すごくおとなしい印象の方でしたが、
ミケちゃんになったら、すっごく楽しそう!

ミケちゃん3号。
再びちょっと背が伸びます(笑)
張り切って、いきなり走ったら、
息切れして、相当大変だったみたいで、
ミケちゃん、もうおうち帰るぅ~(笑)

いよいよミケちゃん4号、
具はもちまき、いざ出陣!!!

犬山さんのアドバイスにしたがって、
私も、ミケちゃんになりきって、
やってみました!

★ご当地キャラのコミュニケーションのコツ

 子供目線になってみる。
 手を振る。
 自分から近づいてみる。
 相手の気持ちになってみる。
 承認欲求を満たしてあげる。

Img_2657

★ご当地キャラの演技のコツ

 止まってポーズをきめる!
 
  → 動きが止まると、キャラがたつ!
 手足の関節を意識する!
  → 曲がっていた方ががカワイイ!
 手は体や顔に重ねる。体はひねる。
  → カッコイイ! カワイイ!
 挙動不審でいい!
 → ぎこちないと幼く感じる! ゆるく感じる!

Img_0865

ひゃ~ もぉ~限界!!!
ミケちゃん、おうち帰るっ!
秘密基地にそそくさと退散です!

そして、最後はミケちゃん5号!
具は、唯一の男性なので、急にガッチリ(笑)
棒立ちで、硬い! 硬い!
怖い! 怖い!
関係者一同、大爆笑!!!

というわけで、五者五様のミケちゃん、
キャラがころころ変わって、おかしかった~

ずっと、そばから離れなかった子供、
変に思わなかったかなぁ???
きっと、頭の中で、
???がいっぱいだったはず!

犬山さんによると、そこもゆるくて、
ご当地キャラだったら、
「あり」なんだそうです(笑)

それにしても、実際やってみて、
一番びっくりしたのは、
視界がとにかく狭いことです!
ミケちゃんは、
口のところから、外をみるのですが、
ちょっと下向きにしていないと、不自然なので、
ずっと、下しか見ることができなくて、
とにかく怖かったんです。

そして、メガネが途中、ずれちゃったのですが、
なおすことができなかったのも、
視界不良に輪をかけました。

犬山さんによると、着ぐるみに入るときは、
コンタクトにするか、
メガネをバンドで固定するのは
必須だそうです。

そして、やっぱり中は暑い!
真冬でこの暑さだから、
こりゃ夏なんて、地獄だろうな。

犬山さんによると、
夏場はマジで、
命の危険にかかわるそうです。
30分が限度だそうです。

あらためて、
ふなっしーって、凄すぎる!
って、心底実感しましたっ!

今回のご当地キャラ体験。
私ったら、普段みせないような
はしゃぎっぷりだったかもしれません。
でも、着ぐるみ目線からみると、
本当に子どもの喜びが、ダイレクトに
感じられて、とっても感動しました!
日常得られないとっても幸せな気分を
体験することができました!

まさに着ぐるみパワーを身をもって、
体感しました!
着ぐるみのセラピー効果!
ご当地キャラファンだけでなく、
具のアクターにも大いにありです!
大変だけど、やりがいのある
ハッピー度の高い職業だと思います!

いや~ 楽しかったなぁ。
また、仕事旅行、ぜひ体験したいです!

※一緒に参加したミケちゃん5号こと
 大崎ピロ工事さんも、体験談
 アップしていたので、ご紹介します!

http://yaplog.jp/koji_hirog/archive/97

★仕事旅行
http://www.shigoto-ryokou.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

ヌードデッサン2014年夏

昨年、ドッキドキで参加した
東京藝術大学のヌードデッサン講座。
今年も参加しました!

★昨年のヌードデッサン
http://mochimaki.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-94bc.html

昨年は、定員が20名程だったのが、
今年は、50名になり、大盛況!
モデルさんも2人から5人になりました!

昨年は、モデルさんが、服を脱ぐ瞬間、
超ドキドキでしたが、
今年は、そんなにドキドキしなかったなぁ。

とはいえ、
モデルさんが服を脱ぎ、裸になった瞬間、
部屋の空気がガラッと変わります。
誰も口には出しませんが、

おぉーーーっ!!!

と、心の中で叫んでいるはず!
モデルさんの堂々としたお姿は、
ただただ、

神々しく美しい!

の一言に尽きます!

それをうまく描けない自分が、
もどがしいのですが…

今年はモデルさんが5人でしたが、
2日間を通して、
ずっと同じモデルさんを描きます。

やはりモデルさんに当たり外れがあります。
やはりベテランのモデルさんは、
ポーズが安定していて、描きやすいのです。

個人的な趣味かもしれませんが、
私は、ぽっちゃりのモデルさんの方が好き。

モデルさんは、おそらく30代。
そして、みなさん、お肌がとってもキレイです!

今回、私が描いたモデルさんは、
スラリとした手足の長い方で、
アスリート系の体の締まった
スタイルのとても良い方で、
ポーズも安定していました。

場所は不公平のないように、
1日目と2日目は違う場所になりました。
私は、1日目は、なかなかのいいポジションでしたが、
2日目は、苦手な真横で、大苦戦しました。

午前は、
20分→休憩10分→20分→休憩10分→
20分→休憩15分→20分→休憩5分→10分

午後は、
20分→休憩10分→20分→休憩10分→
20分→休憩15分→20分→休憩10分→
20分→休憩5分→10分

以上がポーズスケジュールとなります。
モデルさんは本当に大変です!

こんな大変なことをお願いしているので、
私たちは、モデルさんに対して、
敬意を払うのは、当然のマナー!

ポーズの開始時には、
全員で、「お願いします。」
そして、終了時には、
「ありがとうございました。」
とご挨拶。

部屋の温度は、
モデルさんが快適な温度にあわせるため、
服を着ている私達は、かなり暑い!
でも我慢です。

モデルさんがポージング中は、
部屋を出ることは絶対にNGです。

Img_2172_1

モデルさんは、部屋の真ん中の
モデル台の上にたって、ポージングします。

白いシーツには、立ち位置がずれないように、
マーキングがしてあります。

ポーズの時以外は、
すぐ脱げる服を着て、
横にある椅子で、本を読んでいたり、
モデル台の上で寝ていたりと、いろいろ。

写真奥の緑色のカーテンが見えるところが、
更衣室で、そこに籠っている時もあります。

ポージング中の緊張感は、
半端ないものがあり、
2日間、とにかくぐったりと疲れました。
でも、モデルさんの方がはるかにお疲れのはず。
本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

でもこのなんともいえない
独特な緊張が張りつめた空間と時間は、
得難く、本当にすばらしいものでした。

で、今回の私のデッサンですが、
ぜんぜん成長がなく、お恥ずかしい限りなので、
今回は公開控えさせていただきます。

こちらは、デモンストレーションで参加した
現役の彫刻科の学生さんの作品です。
さすがです!

ちなみに、実際の彫刻科の授業では、
ヌードデッサンの授業はないそうです。
入学する前に死ぬほど描いてきたので、
いまさら基礎は必要ないのかもしれません。
しかし、ヌードモデルさんに
来ていただく授業はあるそうで、
いきなり立体で制作する授業なんだそうです。

Img_2182_1

さて、今回、
全体の構図がなかなか決まらなくて、
悪戦苦闘した結果、指先とかが、
雑になってしまったと自己申告したところ、
先生が、
顔とか、胸とか、細部があなたはとても良い。
目がとてもいいです。
逆に、ディテールをもっと突き詰めていったら、
あなたの個性が際立つ作品になります。
とおっしゃってくださいました。

これから、時間を見つけて、
人の顔とか、手を描いてみようかなぁ?
また、来年も絶対参加したいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

キレイになれる甘酒料理ワークショップ

遅ればせながら、
雑誌DRESSのイベント
DRESS部活
キレイになれる甘酒料理ワークショップ
に参加した報告です。

今回のイベント、甘酒を中心とした
「麹」や「発酵」の話を八海山のスタッフさんが、
丁寧に教えてくださった後、
甘酒を使った合わせ調味料を作ってみて、
その後、麹や甘酒を使った料理と
八海山のお酒を楽しむというものでした。

Img_1876_1

下戸の私にとっては、
ちょっともったいないイベントだったかも!
八海山って、日本酒だけじゃなくて、
ビールや梅酒、焼酎もつくっているんですね!
私は、もっぱらお水と甘酒しか飲めませんでしたが、
八海山の社員食堂の調理師さんが作る
お料理は絶品で、大満足のイベントでした。

Img_1881_1

さらに、お土産に生麹をいただきました。
八海山のスタッフさん直伝による簡単レシピで、
早速、自宅で甘酒つくり初挑戦!

<甘酒のつくり方>
①生麹は300gに対してお湯400ml~700ml
②炊飯器に生麹と一度沸騰し、
 60℃にさましたお湯を入れます。
③よくかき混ぜます。
④炊飯器の保温スイッチをONにして、
 
 ふたを開け、湿らせたふきんで上をおおいます。
⑤5~10時間程の保温で出来上がり。
 (途中、2時間たった位で
  一度全体をかき混ぜます。)
⑥出来上がったら、保存容器に移し、
 冷蔵庫に保管します。

私は、間をとって、7時間保温してみました。
できあがった甘酒を冷蔵庫で冷やして、
翌日、冷やし甘酒飲んでみました!
夏バテ対策にオススメの一品です。
出来上がった甘酒。
甘くておいしい!

甘酒って、飲む点滴と呼ばれるくらい
体にすごくいいそうです。

生麹はなかなか手に入りませんが、
八海山の甘酒は、紀ノ国屋明治屋のような
高級スーパーやデパ地下で売っていました!
いまじゃすっかり
私のお気に入りの一品になりました!

毎朝、甘酒一杯が、
最近の我が家の新習慣です!

03130837_5320efb292acd

そして、今回、いただいた甘酒料理。
早速、何品か試してみました。

黒豆ごはん。
これも簡単で、すごくおいしくできて、
私のお気に入りの一品になりました。

<黒豆ごはんの作り方>
①黒豆を皮がメリッとわれる程度に
 煎ります。
②ふつうに炊くご飯の水加減で、
 そこに塩麹を1合につき小さじ1杯程度入れます。
③上から煎った黒豆をいれます。
④あとは普通に炊くだけ。
 塩麹のおかげでふっくらと
 ご飯も黒豆も炊き上がります。
 

甘酒味噌漬けも、
野菜をいろいろ試してみたけど、
瓜が一番おいしくできました!

漬ける野菜は軽く塩もみしておきます。
水分がある程度出たら、
甘酒1:お味噌1の割合でよく混ぜた
合わせ味噌に塩もみした野菜をつけるだけです。

甘酒を使ったレシピは、
こちらの本にいろいろ載っているそうです!
甘酒の魅力にすっかりはまってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

手前味噌作り教室

去年、自分で仕込んだ味噌が、
とってもおいしくて、
もう、これからは絶対味噌は手づくり!
と、決めました!

というわけで、
今年も2月に
オレンジページのみそ仕込み会に参加し、
今年の味噌は、すでに仕込み済。

★オレンジページみそ仕込み会2014
http://www.orangepage.net/op/mame/index140218.html

★オレンジページみそ仕込み会2014(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=CCHErKbSBUY&feature=youtu.be

でも、前々から気になっていた
庭のホテル東京でのイベントでも
味噌を仕込むワークショップがある!
という噂をききつけ、これにも参加して、
味噌仕込んじゃいました。

だいぶ遅くなっちゃいましたが、
その報告です。

★糀ばなしと昼餉の会 其の三
 ~ 手前味噌教室 ~
http://www.hotelniwa.jp/event/salon/index_03.html

今回のイベントの講師は、
神田明神前で甘酒を販売している
天野屋さんのご主人の天野さん。

まずは、天野屋さんの説明のDVD鑑賞。
天野屋さんがある場所は、神田明神のすぐ目の前。
このあたりは、江戸時代、
100軒以上の糀屋があり、
地下に室を作って糀を製造していたそうです。
しかし、現在も地下室を使用しているのは
天野屋さんのみだそうです。

いや~ びっくりしたなぁ。
東京のど真ん中でこんな風に糀を今も、
伝統を守りながら作っている人がいるなんて!

天野さんによると、糀づくりの職人は、
農家と一緒で、
糀づくりにかかわっている期間は、
休みは一日もないそうです。

すごいなぁ!
なんだか感動して、目の前に置かれている
糀を違う目でみてしまいました。

今回は、この天野屋さんの貴重な生糀を使って、
江戸味噌をつくるのです。

Rimg16170_1

天野さんの教える味噌づくりは、
オレンジページの味噌作りと比べると、
かなりテキトーな感じが、
私はとっても気に入りました!

糀はもともと菌ですから、
多少、雑菌が入っても、大丈夫!

というのが天野さんの持論。
アルコール除菌とか、
ビニール手袋をしての作業はありません。
素手で材料の糀と大豆と塩を混ぜ合わせ、
揉みこんでいきます。

材料は、以下のとおり。
天野屋さんの生糀575g
煮大豆(北海道の鶴の子大豆)500g
伯方の塩のフルールドセル235g

Rimg16176_1

Rimg16178_1

ものすごく贅沢な材料使っているから、
絶対おいしいお味噌ができるはず!!!

味噌作り教室の後は、
天野屋さんの味噌を使用した
日本料理「縁(ゆくり)」特製のお弁当を
いただきました。

Img_1772_1

どれもおいしかったのですが、
特にお味噌汁、おいしかったなぁ。

自分で今回作ったお味噌の仕上がりも、
期待に胸が膨らみます!
1年後が待ち遠しい!!!

今回、天野さんのお話を聞いて、
俄然、天野屋さんに興味津々!
神田明神前のお店に行ってみようと思います!

★庭のホテル
http://www.hotelniwa.jp/

★天野屋
http://www.amanoya.jp/

こちらの本は、天野さんのお友達が
かいたものだそうですが、
なぜか天野さんのサイン入りで販売していて、
飛ぶように売れていました(笑)

↓ ↓ ↓ ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

陶芸講座5回目@東京藝術大学

東京芸術大学の陶芸講座(手びねり)に
昨年に続いて、5回目の当選です!

1回目
http://mochimaki.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/6-8079.html

2回目
http://mochimaki.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-0c7c.html

3回目
http://mochimaki.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-4cb0.html

4回目
http://mochimaki.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/4-b688.html

というわけで、今年も、6月の週末は、
毎週芸大通いでした!

今回の課題は、“涼”
夏を感じる涼しげな染付の器が、テーマです。

5回目ともなると、
だんだんとわかってきたことは、
結局、自分が作った器を使わないということ!
それに素人のつくる器は重い!

というわけで、使わないのなら、
もうめったに使わないもの。
花器をつくることに決めました。

花を生けるのには慣れています。
どういった大きさが使いやすいとか、
わかっていますし!
それに花器だったら、重い方がいいし、
変な形もむしろ個性が出ていい感じ!

というわけで、今回は、一押し作品は、
花器を作ることにしました!
そして、粘土がかなり余ったので、
うどんを食べる丼(これも重くてもOK!)と、
お皿(絵付けをしやすい。)を
相棒の分と自分の分をセットで作りました!

絵付けは、昨年同様、呉須と旧呉須の2色を使用。
釉は、3号釉(石灰透明)を使用。

昨年は、てんてんに没頭してしまいましたが、
今年もやっぱり、絵付けはてんてんです。

しかし、今回は、染付2度目にもかかわらず、
大失敗。

旧呉須の色はほとんど出なかったし、
釉はかなりはげてしまって、
ちゃんとのらなかったところが、結構あります。
うーん、難しいですね。
また、来年もリベンジせねば!

今回は、ありがたいことに島田文雄先生に
講評をいただきました。

点描しているときの集中力がすごくて、
執念を感じる作品ですね。

とのこと。
確かに、無心に成形している時間とか、
点描している時間、あっという間でした。
楽しかったなぁ。

6月は、憧れの芸大キャンパスで
芸大の先生に教えていただきながら、
作陶できる時間は、本当に幸せでした。
また来年も当選するといいなぁ。

Rimg16397

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧