どこかやっぱり京都っぽい。